マギ The kingdom of magic 第12話 「新たなる皇帝」

あらすじ
皇帝崩御の知らせに一族が集結した煌帝国。
白龍も眷属を引き連れ帝都に降り立ち、白瑛とともに兄・紅炎と対峙する。
しかし白龍は「世界をひとつにするために一人の王が必要」と語る紅炎の言葉に、頷くことはなかった…。
翌日、兄弟全員が揃った場で前皇帝の遺言状が明かされる。
そこに書かれていたのは、皇太后・練玉艶を新たな皇帝とするという衝撃の言葉だった。

レビュー
夏黄文、苦労したんだな。
自分の野望のためだけにwww
とはいえ、夏黄文の努力のかいがあって今の紅玉。
紅玉を表に引っ張り出したのはいいんだけど、その後がうまく行ってない。
しょせん夏黄文のやってることはせこい野望を叶えようとしてるだけなんだよ(;´Д`)
とりあえず、頑張れwww

紅炎は世界統一を考えてるんだよね。
キングダムの政みたいだ。
そのための武力侵攻。
他の国からしたら迷惑極まりないけど。
紅炎って戦争を起こすだけの血気盛んな人間かと思えば、この国で一番の常識人なんじゃね?

トラン語。
これも謎が多いんだよな。
どこか他の世界で争いが起き、滅びた。
原因は言語の違いからそれぞれの王が立ち、それが争いになった。
ソロモン王は違う世界の人でいんだよね。
アラジンが言っていた遠い故郷も異世界のこと。
この世界は言語が一つだから滅びないためにも王は一人でいい。
世界が生まれたばかりならまだしも、他の国家がある状態でこの考えは世界から見て敵と見られてもしょうがない行為だよな。
今の世界が丸く収まっているのならわざわざ侵略する必要が無い。

病?
どうみてもなんかヤバイ薬を盛られただろ。
そしてそれをやったのは玉艶なんだろうな。
先の皇帝が死んだら次期皇帝の弟と再婚。
その弟が死んだら今度は紅炎に擦り寄ってる。
玉藻前みたいな存在なのか?

世界を分ける戦争どころか煌帝国が二つに分かれるような展開。
玉艶を皇帝にするように促してる白龍が正気か疑うんだけど。
それとも自分の目的のためには玉艶が皇帝の方が都合がいいのか?

もういつ白龍が堕天してもおかしくないレベル。
唯一の家族だと思っていた白瑛に同意されなくてやばくないか。

紅炎のやろうとしてることと、白龍のやろうとしてること。
白龍は私怨で玉艶を倒せればいい。
紅炎は世界から争いがなくなるには王が一人であればいい。
・・・白龍の思考が狭くなってる。
父と兄が殺されたことで背負った恨みのせいで小さい男になったな。

玉艶が圧倒的に強いんだけど。
全身魔装をしてる白龍がまた歯が立たない。
アル・サーメンの力なんだろうけど、どうなってるんだあれ?
力を手に入れたって言ってたけど、話にならない。
ジンがいるわけでもないし、ジュダルが何かやったようにも見えない。
どう見ても玉艶の力。
この人、人じゃないの?

アル・サーメン側の人間が入り込んだのかと思えば、白龍の思い出の中の玉艶は普通っぽい。
何かがあってアル・サーメンに取り込まれて堕天したのか?

あっさり玉艶に負け、ジュダルにそそのかされ。
・・・次回会ったとき、白龍は堕天してそう。
そうじゃなくてももっと酷い状況になってるだろ。

気が付けばアラジンが1学年の終了試験を受けてるwww
早いな。
まあ、だらだらと授業を見せられても困るけど(;´Д`)

主席合格とかwww
マイヤーズがまた泣いて喜ぶわ。

迷走中の感想日記TOPへ



マギ はじまりの迷宮 (特典なし)
バンダイナムコゲームス
2013-02-21


Amazonアソシエイト by マギ はじまりの迷宮 (特典なし) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック