マギ The kingdom of magic 第11話 「大峡谷」

あらすじ
故郷・カタルゴの地に立つモルジアナ。
しかしそこにはファナリスは一人もおらず、夢に描いていたような場所ではなかった。
失意のモルジアナは、トランの民の村で研究者として暮らすアブマド・サブマドに再会する。
そこでトランの長老から、暗黒大陸の裂け目「大峡谷」を越えた先にはファナリスがいると聞かされるが、しかし大峡谷に足を踏み入れた者は二度と戻っては来ないという…。
それでもモルジアナは、自らの本当の居場所を探しに大峡谷に行くことを決意する。

レビュー
アラジン、アリババと続いてようやくモルジアナのターン。
せっかくたどり着いた故郷はなんにもない。
カタルゴって言われてたのも昔の話でファナリスなんて一人もいない。
モルジアナも子供の頃に奴隷として買われたし、マスルールも剣闘士だった。
みんなバラバラになったんだな。

3兄弟に引き続いてまたもや懐かしい面々。
アブマドとサブマドの二人はバルバッドから暗黒大陸に来てたのかよ。
トランの村で研究のために滞在。
傲慢だったアブマドも荷物を運んだり随分と変わったな。

もてなしでイモムシ。
無理です (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
アブマドが全部食べてくれてよかったな。
というか、気を使ってくれたアブマドにびっくりしたわ。
王位から退いてから随分と成長したな。

大峡谷の向こうにはまだファナリスがいるかもしれない。
ただし行ったら戻れない。
何で戻れないんだ?
行く方法があるなら帰る方法もあるような気がするんだけどな。

モルジアナが決心したのはアリババのおかげでアブマドとサブマドが変わったのを見たせいか。
アリババは気づかないうちに人の生き方を変えてるんだよな。
それもいい方向に。
堕天になりかけてる人すらも救う。
だからこそアラジンが王と認めてるのかもしれないけど。

真っ暗な峡谷の底で自分の声の音波で広さを確認って、蝙蝠かよ。
しかもそれを信じて全力で走って。
途中途中でも音波を出してるのかな?

峡谷で一軒家。
ユナンの声が石田彰だった(;´Д`)
これは、裏切りとか腹黒キャラになりそう。
見た感じさわやかキャラだけど、展開的に碌なキャラになりそうにない予感www

世界を巻き込む大きな戦争。
煌帝国の王が死んだ。
侵攻してる国だけあって、今後の動向が注目だな。
このまま侵攻するのか、侵攻中止するのか。
次期王の采配次第。

白龍がヤバイ感じに病んできてるな。
白瑛が傍にいても変わらないのか。
このままだと堕天するんじゃね?
今までに出てきたキャラで一番堕天に近い存在のような気がする。

迷走中の感想日記TOPへ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック