ガンダムビルドファイターズ 第6話 「戦う理由(わけ)」

あらすじ
ユウキ・タツヤとの再戦を果たし、そして勝つ――それだけが、レイジをガンプラバトルに駆り立てるモチベーションであった。しかしユウキの突然の辞退によって、それがなくなった今、よりどころを失いレイジはあてもなく街を彷徨う。ユウキと再戦できない悔しさ、それはセイも同じだ。そんな2人を見ていたチナは、言い知れぬ不安を感じていた。ユウキと戦えなくなったレイジは、このまま、どこかへ行ってしまうのではないか……。しかし、セイはレイジを信じることを誓い、未だ戻らぬ彼を想う。時を同じくして、レイジの目の前には、ユウキ・タツヤの姿があった。そして、彼の手にはザクアメイジングが握られていた……!

レビュー
ユウキは学校も休学。
例の師匠がなんとかって関係か。
学校まで休学にするくらい大事なようなの?
ユウキについてはよく分からないことが多いからなんとも分からないな。

次の相手はサザキ。
雑な戦いをしていたせいでビルドストライクもボロボロ。
次の戦いまでに直すのか。
これって、さすがに同日じゃないよね。
しかしこのバトル、負ければガンプラがボロボロ。
おもちゃ屋の売り上げが上がるな。

セイの母ちゃん、いい味出してるよな。
まあ、恋人ってわけじゃなくても同級生の女の子が家に来たら、ちょっとワクテカして覗きたくなるのもわかるわ。
チナはチナで結構積極的になってきてるし。

学校を休学したはずのユウキがガンプラを持って学校に。
ユウキ自身もレイジたちと勝負をつけることが心残りだったのか?
三代目襲名とかなんとかのときも浮かない顔をしてたし。

観戦者がほとんど居ない中でのガンプラバトル。
全国大会よりも熱くなってませんか?
作画もレベルが高いし。

結局勝負はユウキの勝ち。
といっても、途中まではどっちが勝ってもおかしくない展開だったよな。
見事にボロボロになったけど。

全国大会<<<ユウキのバトルじゃないか。
通過点としてこんなバトルをして、最後はどこで終わるのか分からないな。
父親とバトルとかか?

迷走中の感想日記TOPへ






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ◎ガンダムビルドファイターズ第6話「戦う理...

    Excerpt: {タツヤ選手が出場を辞退セイ:ユウキ先輩、なぜですか!_コンドウ:会長はここにはいないどういう_学園を休学された△>>シッポ巻いて逃げたんだよ、バカみてえだ、優勝が近づい... Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2014-11-04 20:37