黒子のバスケ 第29Q 「答えはひとつに決まっている」

あらすじ
ウインターカップ東京代表二校を決める決勝リーグの出場校四校が出そろった。まず誠凛は王者泉真館を撃破。また緑間擁する秀徳高校も霧崎第一を難なく下すが、霧崎の一軍メンバーは、秀徳戦には出場せず誠凛戦を観戦・分析していた。霧崎を率いるのは、『無冠の五将』の一人である花宮真。「悪童」と呼ばれるその理由は...?そしてついに誠凛と秀徳の運命の再戦がはじまる。インターハイ予選での敗北を機に、火神を完全にライバルと認めた緑間は、ただならぬ闘志を漂わせていた・・・!

レビュー
誠凛が出た後は、緑間のところと・・・どこ?
まあ、強いところなんだろうけど良く知らん。

まずは泉真館。
今までに2度も負けたってのは、多いのかよく分からん。
そもそも、対戦したときに黒子たちは居たのか?

例の黒子の新技とやら、完成したのか。
桃井相手にやってたのはまだ未完成なんだよね。
どこが未完成なのか分からんかったけど。
で、今度は火神相手か。

火神もびっくりするようなドライブらしい。
ただしボールがすっぽ抜け。
こんな技試合に使えないよ(;´Д`)

桃井の勝負パンツ。
すごいらしい。
どんなだよwww

それはさておき、青峰の中では泉真館なんて誠凛の相手にならないらしい。
まともに見れる試合は緑間との対戦だけ。
本当かよ。
王者と言われてたのに雑魚扱いされてる。

青峰の言うとおり、誠凛の勝ちか。
もっと大差で勝つかと思ったらこんなもんか。
王者といわれる相手に勝っただけたいしたものと言っていいのかな。
それに比べて秀徳はダブルスコアか。
さすがだな。

次は緑間のいる秀徳との試合。
前回は勝てたけど、今回は難しいんじゃね?
緑間も最初から飛ばしてくると思うし。

無冠の五将とかwww
キセキの世代といい変な名前を付けるのが好きだな。
そしてキセキの世代と渡り合えてたかもしれないと言っても、無冠の名前が付けられてるようにキセキの世代よりも何かしら劣るものがあったんじゃない?
なんか陰険そうな人だな。
木吉と友達って関係じゃなく、知り合い程度なのかね。
わざわざ挨拶をするくらいの知り合い?

負けを知った緑間。
当然火神をライバル視して最初から黒子にちょっかいすらしてない。
隙がなくなったとすると面倒だな。

緑間にとって相性が悪いのは火神。
火神と緑間、先にスタミナが切れたら負けだな。
このリーグ戦では負けて、2位でウィンターカップに出そうな予感。

迷走中の感想日記TOPへ






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック