黒子のバスケ 第28Q 「始動!!!」

あらすじ
いよいよウインターカップ予選がはじまった。誠凛の初戦の相手は、大型新人センター・鳴海を擁し、インサイドに強い丞成高校。火神を徹底マークしインサイドを封じにかかってくる丞成。しかし誠凛のインサイドは、木吉の復帰により遥かにパワーアップしていた。木吉は久しぶりの試合で浮かれつつも、ポイントガード並のパスセンスと、相手の出方を見てから手を変える「後出しの権利」を駆使し『無冠の五将』と呼ばれる実力を遺憾なく発揮。それを見た黒子、火神ももちろん黙ってはいない!

レビュー
もうウィンターカップなの?
キャプテンがリコの家に来るなんて、恋人同士かと思ったわ。
けど違うんだよね。
明日の試合への意気込みなだけだよね。

8校のうち2校だけがウィンターカップへの出場権。
ただしその8校も前の大会で成績を残した学校のみ。
最初に負けたらそこで終了なのか。
相手も強いだろうし、道は結構厳しいな。
で、相手はどこ?
丞成高校?
知らないな。
まあ、キセキの世代が居る学校じゃないみたいだから、初戦はいけるんじゃね?

インサイトが弱い誠凛と強い丞成高校。
鳴海ってやつがインサイトに強いのか。
勝てる鍵はこいつか。
あんまり強そうにみえないけど。

でかい声で色気ゼロって(;´Д`)
リコじゃなくてもぶち殺せって言いたくなるわ。

木吉、まともに試合してるシーンがなかったんだけど、強いというかすごいんだな。
試合前の火神が言ってた手がでかいってのはこのためのセリフか。
なんか不自然だと思ったら。
その木吉に丞成の期待の新人が振り回されてる。
この時点で丞成の勝ちはなくなったんじゃね?

キセキの世代に唯一対抗できるのが火神になるのか。
青峰とやったときはまだまだだったけど、一応は成長してるからな。
完全にこじ開けるのは2年後半か3年になりそうな予感。

結局誠凛の勝ち。
丞成というか、鳴海が完全にかませでワロタwww

迷走中の感想日記TOPへ







黒子のバスケ 24 (ジャンプコミックス)
集英社
2013-10-04
藤巻 忠俊


Amazonアソシエイト by 黒子のバスケ 24 (ジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック