キングダム2 第23話 「三隊共闘」

あらすじ
魏国軍の猛攻の中、秦国中央軍は守備に徹した戦いを進めるが、その中で蒙恬(もうてん)率いる楽華隊(がくかたい)が独断で遊軍と化し、単独前へと出る。その動きに敵も味方も驚く中、信(しん)と王賁(おうほん)だけは戦況を見つめたまま合図を待つ。これこそが三隊で輪虎(りんこ)を討つために、前日、蒙恬から提案された作戦であったのだ。そのまま楽華隊は輪虎本陣に突撃するが、その前には屈強な輪虎兵が立ちはだかった。

レビュー
特に何をするわけでなく輪虎の陣に突入。
素直に見れば無謀だけど、行動してる将が蒙恬だからな。
無謀に行動する分けない。

本人が乗り気じゃないのに一番才能があるってのはある意味罪だよな。
まあ、弟は違う道を選んだから兄の蒙恬に嫉妬して無いからいいけど、蒙毅も同じ道を選んでいたら兄に対する嫉妬は半端無いんだろうな。

楽華隊の目的は輪虎の兵のみ。
さすがに輪虎討伐までやらないよね。
輪虎の周りを片付けて、輪虎を討つのは他のやつに譲るつもりなのか?
蒙恬の目的は輪虎討伐にだけ向けられてる。
そのためには自分達が輪虎の首を狙わなくてもいいってことか。
志が高いな。
躍起になってうえを目指さなくても、この戦が終われば千人将は確実。
実績を上げなきゃならない信よりも余裕はあるけど、誰だって手柄は欲しいだろうに。

蒙恬の作戦通り、兵が少なくなったところを飛信隊と玉鳳隊が突撃。
減らしたといってもまだまだ多いな。
そして当たり前で一筋縄でいかない。
輪虎がつれてきただけあるわ。

その輪虎兵がまたもや出てきた。
飛信隊と玉鳳隊が囲まれて。
輪虎が逃げるとは思えないけど、この後犠牲がさらに増えそう。

楚水・・・死亡フラグ立ててませんか?
俺の屍を越えて行けwww
キョウカイが戻らなかったら確実に死んでるな。
というか、キョウカイが戻ると言っただけで安心感が違うんだけど。

輪虎の標的が王賁に。
信よりも面倒な相手と見たか。
信もまだまだってことだな。

信って直感的に行動して、力任せに剣を振るう。
なんか獣のような戦い方だwww

王騎の一族の男と、王騎の矛と意思を継いだ男。
そう宣言するのは格好いいけど、輪虎にやられてるじゃん。
やっぱり輪虎との力の差は大きそうだな。


迷走中の感想日記TOPへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック