キングダム2 第22話 「蒙恬の提案」

あらすじ
秦国軍副将桓騎(かんき)が敵将玄峰(げんぽう)を討ち取ったという報告が届いた。信(しん)は桓騎に続き敵将・輪虎(りんこ)を討ち取ろうと闘志を燃やす。しかし、蒙恬(もうてん)は今の戦い方では到底太刀打ちできないと語る。なぜなら輪虎はかつて秦国六大将軍の王騎(おうき)に一太刀浴びせたこともある強者で、今回はまだ本気を出していないというのだ。輪虎を倒すため、蒙恬は信と王賁(おうほん)にある提案をする。

レビュー
桓騎将軍がやったことって、信が死体の振りして敵をだましたのとちょっと似てるよな。
正攻法じゃないやり方というかなんというか。

あの爺さんのことを輪虎も尊敬してたんだ。
長い付き合いなんだろうけど、戦略を教えてもらい家族みたいな付き合いになってる。
信やキョウカイが飛信隊を家族って言うのと同じようなもんか。

蒙恬、信をつれてどこに行くかと思ったら、王賁のところか。
信と王賁は仲が悪いのに、陣中見舞いでもしにきたの?
王賁からすれば嫌がらせだな。

ただの冷やかしかと思ったら、まじめな話になってきたぞ。
今までの流れと今後の方針。
信だけついていけてないんだけど・・・。
前の楚水が話してたときもそうだけど、信はもう少し頭を使うことをした方がいいんじゃね?
今までは直感で動いて何とかなってきたけど、大将軍を目指すやつが直感のみって(;´Д`)
直感も大事だけど、もう少し戦術も考えたほうがいいんじゃね?

本気を出していなかった輪虎。
玄峰が死んだことで本気を出してくる可能性は十分ある。
その輪虎を動く前に討つって、逆に返り討ちにならないのか?
その作戦をわざわざ信と王賁に言ったということは、何か協力をして欲しいことがあるのかね。

将軍の首ひとつで、輪虎をターゲットにするとか。
大きく吼えたんだけど。
王賁と蒙恬しか聞いてなかったとはいえ出来るのかよ。

楽華隊、玉鳳隊、飛信隊の三部隊で輪虎を討ち取る。
何か策があるとみていいんだよね。
信ならまだしも蒙恬が無謀なことを言うとは思えないから。

兵200を残して勝手に出陣。
これ、手柄を立てても後から懲罰を受けるんじゃね?

無謀ともいえる楽華隊の突撃。
楽華隊は全滅しないよね。
作戦のひとつで輪虎を狙わないらしいけど、輪虎の周りの兵だって数も実力も相当なものだろ。
全滅の可能性は十分ありえるんじゃね?
そうなると作戦そのものが終わりだけど。


迷走中の感想日記TOPへ



キングダム 32 (ヤングジャンプコミックス)
集英社
2013-10-18
原 泰久


Amazonアソシエイト by キングダム 32 (ヤングジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック