キングダム2 第18話 「激突!」

あらすじ
決戦の地・流尹(るい)平野へと到着した両軍。此度の戦で蒙ごう (もうごう)軍の副将を務める二人の武将、桓騎(かんき)と王翦(おうせん)、この二人を率いた蒙ごうは穏やかな中にも決意を秘め、長年の敵である廉頗(れんぱ)に挑む。対する廉頗も共に激烈な戦場を戦い抜いてきた四天王を従え、激突のときを待つ。その顔には余裕の笑みを浮かべ自信と闘志が満ちあふれていた。そして両軍の陣形が整うと、ついにその第一陣が激突する。

レビュー
王騎が言っていた蒙ごう将軍の二本の剣って誰のことだ?
蒙ごうの息子とかじゃないよね。

問題がある副将軍。
ただし実力はある。
蒙ごう将軍はそんな人たちの手綱をうまく扱えるの?
扱えなかったらこの二人に暗殺されそうだから、うまく使うことはできるんだろうけど。

総大将が廉頗じゃなく、凡庸な将軍を据えるとか。
何を考えてるんだ?
そもそもハクキサイって今まで名前すら聞いたことない。
廉頗いわく、士気をあげるためとか言ってるけど、自分が自由に動き回るためにやったんじゃないよね。
総大将になってなければ自分の動きたいように動き放題だし。

廉頗の熱い抱擁www
暑苦しすぎる。
どうでもいいけど、戦が始まる前に背骨が折られて戦線離脱にならないよね。

第一陣は王賁たちの軍、玉鳳隊。
ずいぶんと父親である王翦を気にしてるけど、それで足元をすくわれなきゃいいけど。

輪虎が千人将を狙ってたのは戦力を減らす以外にも意味があったんだな。
急造の隊は統率力に欠けるからそこを狙い撃ち。
伊達に長いこと廉頗の下で戦っていたわけじゃないのね。

そしてその輪虎と王賁の直接対決。
確かに王賁は実力があるとは思うけど、輪虎はかなりの実力の持ち主。
死ぬとまでは思わないけど、勝てるビジョンが見えない(;´Д`)

迷走中の感想日記TOPへ



キングダム 32 (ヤングジャンプコミックス)
集英社
2013-10-18
原 泰久


Amazonアソシエイト by キングダム 32 (ヤングジャンプコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック