とある科学の超電磁砲S #22「STUDY」

あらすじ
フェブリに残された時間は、72時間。彼女を救う手がかりを得るべく、美琴は収監されているテレスティーナの元に向かう。学園都市で暮らす子供たちは、全て実験用のモルモットだと吐き捨てるテレスティーナ。しかし美琴は、その闇を覗き見てもなお、学園都市を嫌うことはできないと答える。2人はにらみ合うが、ついにテレスティーナは美琴に手がかりを与える。それは、フェブリが『ケミカロイド』と呼ばれる存在で、彼女を作ったという学究会への糸口だった。一方、偽情報をつかまされた『アイテム』の面々は、自分たちをはめた相手を追い詰めるべく、 行動を開始する……。

レビュー
やっぱり1期で精神やばいことになってたおばさんか。
捕まってはいるけど随分と優遇がよくない?
あの椅子はなに?

アイテム、なにやってるの?
プールで優雅に遊んでるんだけど。
どっかから電話。
仕事らしいけど……美琴と同じ研究会が標的か?
アイテムとレベル5の美琴。
ダブルで襲われたら研究会は生き残れるやついるのかな?

テレスティーナに手を貸してもらうのは嫌だけど、フェブリのためには手段は選んでられない。
と言うことで聞いてるけど、さすがに同じく暗部にいただけあってフェブリのことをちょっとは知ってるみたいだな。

高レベル者には分からない劣等感。
佐天がレベルアッパーに手を出した時に少し走ったかと思ったんだけど結局は高レベル保持者なんだな。

学究会の関係者が怪しい。
そこまで分かってるなら婚后グループを呼んで学究会の関係者リストを見てもらえばいいのに。
どうせ顔写真入りなんだろうし。

www
偶然初春がクリックした人物とか。
なんてご都合主義。

前回までの学究会で好成績を残してた人物。
ただし今回は参加してない。
フェブリの実験を優先にしたのか?

レベル5じゃなければ黒子たちと友達になれなかったか。
これって難しいところだよな。
その他一般の生徒だったら出会いすらなかったかもしれない。
そして能力がなくても出会う運命だったかもしれない。
こんな仮定を並べてもしょうがないから、今を喜べばいいんじゃね?

とりあえず怪しい研究所を調べに行こう。
それはいいけど、また美琴だけかよ。
黒子くらい連れて行けよ。
進歩してるのかしてないのか微妙な行動をしてるよな。

研究所にはすでにアイテムが暴れてるwww
こいつらが先にいたら美琴がすることないんじゃね?

入り口付近で暴れまわって終わりかい!!
さすがアイテム、仕事以上はやらないのねwww

研究所の奥では布束がなんかやってる。
フェブリの中和剤か。
やっぱりフェブリを助けるために行動してるんだな。

メガネがなんか言ってる。
そもそもこのメガネと敵対してるのがよく分からん。
フェブリが用無しなら美琴と対立してもデメリットしかないんだけど……。
優位にとったわ状態になってるけど、結局でやられる姿が目に見えるんですがwww

迷走中の感想日記TOPへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック