キングダム2 第15話 「武将の空気」

あらすじ
秦国軍は魏国侵攻後、三つ目の城となる近利関(きんりかん)も落とし、飛信隊も敵将を討つ武功を上げる。しかし、喜びに沸いていたのもつかの間、廉頗(れんぱ)四天王・輪虎(りんこ)の暗躍によって秦国軍の千人将が次々と斬られていく。警備を強化するも輪虎を捕える事はできなかった。そして近利関を出立した秦国軍に再び輪虎が襲いかかる。その殺気に対じした者たちはひるんでしまうが、信(しん)は真っ向から斬りかかる。

レビュー
千人将ばっかり狙われてる。
輪虎ってかなり強いんじゃね?
6人……。
短時間で効率よくやったな。
千人将は後何人残ってるんだよ(;´Д`)

蒙恬は文官を目指そうとしてるだけあって、頭が切れるな。
羅元は一蹴したけど、この後控える廉頗との戦の前に千人将の数を減らしてるのも明らか。
このままだと足元をすくわれるんじゃね?

信、野生のカンか?
結局勘違いかとスルーしちゃったけど。

輪虎、王騎とやりあったことがあるのか。
そりゃ並の千人将が相手にならんわ。
そして廉頗の信頼も厚いわけだ。

蒙恬の意見を聞くことなかった羅元将軍が討たれた。
千人将が討たれたのとわけが違う。
今後の侵攻に影響も出るだろうし、秦国としても痛手なんじゃね?

腕をつかまれて、足も宙に浮いた状態でよく輪虎の攻撃をよけたな。
信の攻撃を輪虎が防いだのは当然だけど。
飛信隊が来なければここで命を落としてたんじゃね?
輪虎じゃないけど、天に愛されてるってのはこういうところでもあるのか?

信が似ているあの人たちって誰?
一人は廉頗だろうけど、複数を指してたよね。
他に天に愛された武将って誰だ?
王騎?


迷走中の感想日記TOPへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック