キングダム2 第14話 「その男、廉頗」

あらすじ
かつて趙国三大天の一人として天下を恐れさせ、秦国六大将軍とも互角の戦いを繰り広げた廉頗(れんぱ)大将軍。しかし、時の趙国王の命に背いた事で国を追われ、魏国へと亡命する事となった。その後一度も軍を率いる事はなかった。しかし、魏国王の命により国に攻め入ってきた秦国軍を討つべく再び戦場に立つ事になった。そして大戦を前に、廉頗と共に死線をくぐり抜けてきた四天王の一人・輪虎(りんこ)がひそかに動き出す。

レビュー
顔に傷があるこのおっさん。
少なくとも魏国では信頼されてるみたいだし、そうとう強いのかね。

趙国の三大天は六大将軍と同じ位の英傑か。
王騎に信頼を置くようなものね。
でもなんで趙から魏に行ったんだ。

時の王の逆恨みで更迭。
それに背いたせいで廉頗に処分命令が。
楽乗ってのがNo.2ってことは、この人が止められなかったら誰も止められないのか。

「一度斬り結べば、手加減は一切せぬぞ」
って言っておきながら、裏を掛かれてるwww
さすがに殺しはしなかったみたいだけど、参ったって言わされて。
かなりの屈辱じゃね?

廉頗にとっては趙国<<<戦。
それを私情で口出ししたのが廉頗には許せない。
命令を背いた時点でどころか、その命令が来た時点で国を出る気だったんじゃね?
戦が好きって王騎と同じだな。
この時代の将軍はみんなこんな考えなのか?
まあ、武功ばっかり見てる将軍よりはいいだろうけど、勝手に動いて扱いづらそうだな。

いつの間にか信たちは3つ目の城攻略中。
井闌車も勝手に利用してるし。
というか、井闌車の対策はしてないのか?

(゚д゚)!
信、アホだろ。
他隊の作戦をそのまま使うのはいいけど、降りる場所は間違えてるし途中墜落www
そもそも信一人では城壁が開けられないだろ。
別門から部隊が進入してこなかったら、信は孤立無援ってもんじゃなかったぞ。

偶然名のある武将を撃破で武勲ってwww
棚ぼたな功じゃないか。

下僕から千人将に。
将軍に近い存在。
信が目指す道のりを先に行ってる人か。
こういう人がいると心強いな。
って思ってる矢先に殺された:(;゙゚'ω゚'):
あっさり殺されたんだけど、油断してたのか?
これ、信が知ったらショックだろうな。


今回からEDが変更。
OPを変更して欲しいんだけど……(;´Д`)

迷走中の感想日記TOPへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック