キングダム2 第12話 「高狼城攻略」

あらすじ
宮女・向(こう)の命がけの証言により呂不韋(りょふい)と太后の不義を知った政(せい)陣営は、一気に敵陣営を打ち砕くべくその事実を触れ回る。その効果は即座に現れ、呂不韋陣営を大きく揺るがすこととなる。一方、高狼(こうろう)城を攻める秦国軍は、敵の巧みな防御術の前に苦戦を強いられていた。戦局は動かず、徐々に士気が下がっていく。強固な城壁を前に飛信隊も手が出せずにいた。そんな中、玉鳳隊が単独前へと出る。

レビュー
登るのに時間のかかる壁の上から矢で一斉射撃。
四方隙間なく兵を準備できればかなり強固な守りになるな。
案の定秦国は打つ手なしで、兵がやられる一方。

政の方は呂不韋の不義についての噂が宮中に出始めてる。
噂程度じゃ呂不韋は潰れないだろうな。
もう少し決定打が欲しいところ。

政、母を切り捨てることにしたのか。
まあ、考えが変わらない上に、敵対している陣営についた以上拘ってもしょうがないからな。

誰?
了家、氾家、介家?
権力のある一族?
どうやら太后勢力らしい。
それが呂不韋の陣営に来たばっかりに動揺が走ってる。
この動揺の隙を突いて呂不韋を丞相から退任させるつもりか?

城のほうは何の進展もなし。
将軍の方針は気長に包囲し、敵の士気が落ちたときに攻める。
その間に何人兵が死ぬんだ?
飛信隊は20人の犠牲。
気長の間に半分以下になることもありえるだろ。
気長に待とうとする蒙恬と奇策で何とかしようとする信。
300人の歩兵部隊じゃなかなか難しいな。

王賁が動いた。
何かの準備をしてて、それが終わったってことかな?

煙でいぶして……何これ。
なんかでかいのが動いてきた。
11日かけてこんなんを作ってたのか。
トロイの木馬みたいだな。
あれ、いくら偽装してたからって、分かるだろ(;´Д`)
壁よりもでかかったぞ。

どうやら元々あったものを持ってきたらしい。
どっちにしても分かると思うぞ。
近周囲には遮蔽物がなかったから、煙で目くらましをしてる間にどれだけ一気に移動したんだよ。

孤立無援だ!
って、あんたら加勢しに行かないのかよwww
蒙恬も王賁がこれからどう動くか見せてもらうって動く気ないし。
功を取り合う関係とはいえ、同じ国を守る兵じゃないのかよwww
王賁が手柄を上げるのを見てるだけなの?

迷走中の感想日記TOPへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック