キングダム2 第11話 「揃い踏み」

あらすじ
王宮内の勢力争いにおいて、政(せい)に協力したかと思われた太后だったが、実は政の宿敵・呂不韋(りょふい)と裏でつながっていた。二人の密会の現場を目撃してしまった宮女・向(こう)は、気配に気づいた宦官の手により深手を負ってしまう。
そのころ、戦場では、魏国に侵攻中の秦国軍の中にいる信、王賁(おうほん)、蒙恬(もうてん)の若き将が、それぞれ大きな武功を目指し、ついに最初の城・高狼(こうろう)へと到着する。

レビュー
向、今夜が峠。
覚悟をしておけって(;´Д`)
陽の棒っぷりが気になって集中できない間に大変なことになってたwww

大王直属の医師団じゃないと助からない。
なら大王に泣きついてみよう。
それはいいけど、瀕死になる前に泣きつけよ。
死ぬ直前によろしくって言われても医師団も困るだろ。

とりあえず、なんとか死は間逃れて政に呂不韋と太后が繋がってることを報告できたけど、下手したら無駄死にするところだったな。

相変わらず政は頭が切れるな。
太后がやったことが全て見抜かれてる。
これで呂不韋の行動を何とかできればいいけど、一枚も二枚も上手の相手だからな。
たくらみが分かったところでそう簡単にはいかないか。

信、相変わらず歩兵部隊なんだな。
三百将になったんだよな。
部下はまだしも、信くらいは馬を与えられてもいいんじゃね?
王賁が期待されているとはいえ、落差がひどすぎだろ。
蒙恬とも初めて会ったのか?
信と仲良く慣れそうにはないけど、王賁よりは気が合いそうくらいか?

予備軍に出撃命令が下ったら、いきなり突撃する飛信隊と様子見する玉鳳隊と楽華隊。
飛信隊だけ騎馬隊じゃないから功を上げるには突撃してくしかないんだよな。
王賁たちの予想通り罠だとしても。
まあ、信は罠って気づかなかったみたいだけどwww
今のままだと信は大将軍には遠そうだ(;´Д`)

迷走中の感想日記TOPへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック