銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #022 「オペレーション・ヘヴンズゲート」

あらすじ
オペレーション・ヘブンズゲートが開始された。チームラビッツの最終目的は、〈ゲート〉を破壊する兵器〈ストラグルレーザー〉用のマーカーを打ち込むこと。先行するローズ3、ブルー1、ブラック6を、パープル2とゴールド4が支援。その5機を大艦隊が援護する。想定の倍を数える敵艦船の中、徐々に進んで行くチームラビッツ。その最中、チームドーベルマンと対峙したウルガル機の出現に、タマキの猛攻が始まる。

レビュー
いきなり交戦中。
敵の数が多いなー。
ケイは当然だけど、スルガも近距離仕様じゃないから、敵のど真ん中にいるのはアサギ、タマキ、アンジュの三人。
通常ならまだしも、敵の数が多いとこれはごり押しされる可能性があるな。

今回のゲート破壊。
チームラビッツの役割はマーカーをつけるだけ。
後は地球艦隊の仕事。
本来なら見つからないうちに近づいてマーカーをつける。
離脱して地球艦隊が攻撃ってはずだったのが、ウルガルも出撃しようとしてたからいきなり交戦になったと。
タイミングが悪いけど、逆を言えばちょっと遅れてればウルガルに先手を取られてたってこと。
敵は多いけど、優位になってるのかな。

パトリックを倒したルティエルが出てきたら、タマキが切れた。
作戦もへったくれもないな。
ただでさえ強敵なのにこんなんで大丈夫なの?

連携からルティエルに集中砲火。
動きがやばいくらいだな。
それぞれの機体性能でのバトルってのはやっぱり見ごたえがあって面白いわ。
その連携にアンジュも入ってるとかもうね。
初期の頃のバラバラだったラビッツから成長したわー。

今回はアサギがヒーローか。
ミッションも達成できたし。
ってあれ?
エネルギー砲が消滅。
テオーリアが亡命した後で仕様が変わってたらしい。
これにかけてた地球軍、ヤバイだろ。
次はウルガルのターンになるだろうし。
さすがに次回犠牲者がって展開にはならないよね(;^ω^)


迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック