銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #020 「宿命の遺伝子」

あらすじ
ウルガル地球侵攻軍の生命線〈ゲート〉の位置情報を得たMJP機関。そのミッションの直後、突然イズルが倒れてしまう。遺伝子異常を知ったルーラは、シモンに遺伝子情報の開示を求める。一方、手に入れた〈ゲート〉の情報を活かすため、アマネはとある計画を発案する

レビュー
遺体のない棺を見るチャンドラ。
ランディの方は例の映像メモリーと本。
パトリックはタマキへのプレゼント。
結局渡せずじまいか。
あんなに練習してたのに(´;ω;`)
しかしチャンドラだけ生き残るなんて誰が予想できたんだ?
全滅するのかと思った時もありました。

チームラビッツにもドーベルマンの訃報は知らされたのか。
まあチャンドラが帰ってきてるから隠せるわけないけどさ。

いかの塩辛www
プレゼントには情緒もへったくれもない。
一番好きだって聞いたからわざわざ取り寄せた。
やっぱり直接渡して欲しかったな。
さすがのタマキもこのプレゼントからパトリックが自分を好きだったことが分かった。
全ては遅すぎた……。
生き残ったものは思い出にして生きていくしかないんだよな。
しかし相変わらずケイはタマキと仲がいいというか、まるで姉妹みたいだ。

イズルに異変が。
そういえば1人だけ再検査してたな。
異常があった結果がこれか?
細胞が再生しない老化に似た現象。
遺伝子操作されてる弊害か。
アッシュで覚醒したせいでこうなった。
こうなると治療は難しくないか?
アンジュも再検査。
アンジュもアッシュで覚醒してると見ていいの?
二重人格じゃなかったんだな。

ゲート破壊作戦。
大きな作戦だけあって上層部も慎重。
慎重すぎて無抵抗で侵略を許すハメにならなきゃいいけど。

アマネの切り札はテオーリア?
シモンに協力を仰いだのはテオーリアに協力してもらうためか。
しかし、隠してたウルガル側の人間を出していいのか?
いきなり殺されることはないけど、テオーリアに対しての反感も多そう。

イズルにはテオーリアの遺伝子が使われてる。
そしてもう1人の遺伝子がアサギと同じ。
いわゆる腹違いの兄弟みたいなもんか。
半分しか遺伝子が同じじゃなくてもアッシュは動かせるんだな。
そして共通のDNAはシモンのもの。
他の人たちにはテオーリアじゃなく、ウルガルのDNAなだけ?
これでケイも共通のDNAだったら、ケイの恋も悲恋で終わるからせめて避けて欲しいところ。

イズルのお兄ちゃん呼びにはドン引きしたwww
なんか違和感というよりも止めてって言いたくなる。

前回とうって変わったED。
ちょっと前向きになれそうな感じだな。

迷走中の感想日記TOPへ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック