銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #019 「ディープリーコン」

あらすじ
初めて行われた地球への直接攻撃。地球防衛のため配備された戦力の壊滅的損傷。ウルガルに対抗出来る唯一の兵器・アッシュもほぼ全損。この待ったなしの状況を打破すべく、シモンは外宇宙から木星付近へ伸びる次元の穴・ゲートの破壊作戦を立案する。
ウルガル地球侵攻軍の補給を担うこのゲートがなければ、長時間の戦闘を好まないウルガルは自滅する。その情報を得るため、人類未踏の地・海王星へ偵察ミッションが計画された。

レビュー
クレインを倒したことはいいんだけど、地上での損害も大きく批判も出てる。
今までは対岸の火事だったのが目の前にきたら騒ぐ展開ね。
ウルガル以外にも問題が出てくるな。

パトリックwww
戦争が終わった後の話をしちゃだめだろ。
死亡フラグ過ぎる。
ただでさえチームドーベルマン自体が死亡フラグ満載なのに。
そろそろ本気でやばくないか?

遺伝子を手に入れることだけがウルガルの目的。
やっぱりテオーリアは異質な存在なんだな。

全機破損してるラビッツは今回のミッションに参加はなし。
ドーベルマンのミッションか。
ウルガルのゲート探し。
人類も到達してない宇宙で探して情報を送れ。
ウルガルに見つかる可能性も高いし、また戦闘になりそうだな。
ただし、遠い宇宙だから援護がない。
戦闘にならなきゃいいけど。

海王星まで長いな。
パトリックはタマキにプレゼントを渡すシュミレーション。
前に声をかけるときも練習してたな。
うまく行かなかったけどwww

敵と接触。
ランディ、先に行けってさすがにこの状況で置いていったら死ぬだろ。
次に囮になったのはチャンドラ。
なんか順番に死ぬようにしか見えない……。

チャンドラがなんとしてでも生かそうとしたパトリックがチャンドラよりも先に死亡。
この人強すぎだろ。
ウルガルって本気になればこうなんだな。
クレインがアレだっただけで。

ランディ、生きてたーーー!!
かっけー、ヒーローっぽいよ。
さすがチームドーベルマンのリーダーだけある。

……、確かに生きてたけど重傷じゃないか!
結局チャンドラだけが生き延びた。
無駄死にではなかったけど、犠牲が大きすぎたわ。


次々と犠牲が出たときはまだ実感が沸かなかったけど、特別EDが流れてからちょっと涙が出た(´;ω;`)
ここまで生きててキャラとしても愛着が沸いてから落とすとか。
さらにこのED。
3つの飛んでいた光はチームドーベルマン?
最後に残った一つがチャンドラなんだろうな。
理解すると余計と物悲しい……。
存在自体死亡フラグの塊だったチームドーベルマン。
今まで死ななかったから、最後まで死なないと思ったのが間違いだったのか?

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック