宇宙兄弟 #72 「日々人の障害」

あらすじ
月での遭難がきっかけで、パニック障害となってしまった日々人。その症状を克服するため、六太には内緒で、単身ロシアへ赴いていた。船外活動ができないうちは、月ミッションへの参加はできない。兄弟で月へ行くため、日々人は孤独な闘いをはじめようとしていた――。

一方六太は、取材や検証を繰り返し、ついに月面ローバーの改良案を見出すことに成功する。
準備を整え、ついにバトラー室長にプレゼンをすることになり――!?

レビュー
自分では大丈夫だと思ってても、訓練中にパニック障害。
これ、完全にトラウマになってるよな。
こういうのを克服するのってすごく大変。
本人がどうにかしようと思ってもどうにもならないからな。
でも、主人公の1人がここで脱落とかないよね(;^ω^)

日々人の不調は誰にも言わないように、特に六太には。
六太が知ったらショックを受けるのはもちろんだけど、シャロン以外の心配事を増やしたくないってのもあるんだろうな。
相変わらず兄は弟を思いやり、弟は兄を思いやる。
そんな兄弟なんだよな。

シャロンの前では隠し事ができない兄弟だな。
癖が見抜かれてるwww

結局見抜かれたシャロンにはパニック障害のことを暴露。
誰かにしゃべることで楽になることもあるんだけど、こういうのってシャロンの役割なんだよな。
逆を言えばシャロンが居てよかった。

六太、何してるんだ?
宇宙飛行士に直接色々と聞いてるのか。

月のでこぼこ道を跳ねないように走るには車体を重くするしかない。
問題は重い荷物を月に持っていくにはお金がかかる。
確かに持っていける重量は色々と制限がありそうだもんな。
細かくパーツにして、何回か飛ばし、月で組み立てるくらいしか出来ないんじゃね?

六太が何か思いついた。
電話した先は元居た職場。
あんな辞め方したのに電話できるってのも六太の人徳だよな。

餅は餅屋。
昔の職場まで巻き込んじゃったよ。
宇宙飛行士になった六太への手の平返しが笑えるくらいだな。

六太が宇宙飛行士訓練を出来ないのは、日々人のパニック障害があるから。
日々人が出来ない間に六太が宇宙飛行士訓練をすることがパニック障害の完治の妨げになる。
吾妻は逆に考えてるみたいだな。
日々人はそれをモチベーションにして乗り越える可能性を信じてる。
この兄弟の切磋琢磨っぷりをみてると、悔しく思ってもそれをバネにする可能性は十分にある。
六太も日々人が月に行ったことを羨ましくも思いながらも、それを目標にしてたからな。
日々人もそうなるんじゃね。

迷走中の感想日記TOPへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのトラックバック