猫物語(白) 第懇話 「つばさタイガー 其ノ貳」

あらすじ
帰る家を失った羽川翼を心配して、自宅に泊めてくれた戦場ヶ原ひたぎ。
翼はひたぎの作った食事を摂り、ひたぎと共に目を覚ます。

レビュー
分かってはいたけど、ひたぎの家に布団は余分にないのね。
有るとしたら父親の布団か。
同じ布団に二人が寝てる。
普通の話なんだけど、前回の最後からするとなんか百合百合しいものを感じるwww

シャワーシーンは完全に百合ですね。
というか百合を超えてレズ。
二人ともそんな性癖ないよね。

前からひたぎは変な人だったけど、なんか変のベクトルが変わった?
違った意味で変な人になってる。
大丈夫って言葉が3回続くだけでこれほど大丈夫じゃないように聞こえるとか。
その後の会話にもなんかおかしなセリフが混ざってる。
さすがに翼もドン引きですよwww

更正して淡白になったひたぎの性格が若干うざくなったって(;´Д`)
更正じゃなくって調教の間違いじゃね?
まあ、ひたぎをここまで変える事が出来た翼の力量がすごいんだけど。

家が火事になったことが翼の精神的ストレスになってた。
だからブラック羽川が出てきてる。
やっぱりストレスが溜まると出てきちゃうんだな。
もう、この羽川も自分自身で切り離せないのね。

この虎は結局なんなんだ?
いきなり障り猫に攻撃してきた。
自分をみたから攻撃してるんだよね。
偶然見ただけなのに面倒なことになってるな。
まあ、怪異なんていつでもそんなもんだけど。

ひたぎがすごくいい奴に見える。
いやいいやつなんだけどさ。
前はもっと棘があったというかなんと言うか。
ブラック羽川に始めましての挨拶。
エナジードレインのことは知っていても握手を使用とか。
次の日、疲れた顔を気付かせないように朝は走ってるから。
これ、帰ってきたときに疲れた顔してても走ってきたからっていい訳が出来るし。

ひたぎが走ってる間に作った翼の朝食。
なんか微妙な顔をしてる。
まずいのか?
遠まわしにして、ドレッシングやジャムが付いてないってことを言ってたのか。
回りくどすぎるwww
わざわざ全部食べてから言ってるから、まずいってワケじゃない。

翼はどんな味も受け入れる。
食べられて腹に食べれればなんでもいい。
たとえひたぎの料理がまずくても気にせずに食べれるスキルなのか。
好きなものがあるって事は、嫌いなものがあるってこと。
なんでも受け入れられるって事は、一番好きなものがない。
暦のことは恋愛感情ありで好きなのか?
翼にとって特別な人はない可能性が出てきたのか。
本当に翼って面倒なひとだよな。

迷走中の感想日記TOPへ
猫物語 (白) (講談社BOX)
講談社
西尾 維新


Amazonアソシエイト by 猫物語 (白) (講談社BOX) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック