とある科学の超電磁砲S #10 「原子崩し(メルトダウナー)」

あらすじ
『原子崩し』と『能力追跡(AIMストーカー)』――『アイテム』の強力な連携によって、美琴は追い詰められる。追う側である麦野は、今戦っている相手を学園都市第三位の『超電磁砲』と認め、一騎討ちを挑む。能力を使いすぎて実力を発揮できない美琴は、フレンダの残した爆弾入りのぬいぐるみを使って対抗しようとするが、麦野も暗部組織の戦い方を見せつけるように、己の弱点をカバーする『切り札』で美琴のもくろみを打ち砕く。それでも美琴はなんとか絶体絶命のピンチをくぐり抜け施設の破壊に成功したが、麦野の執拗な追撃は続き――。

レビュー
麦野が強すぎて勝てるビジョンが見えないんですが(;´Д`)
能力使用の限界値ってどこなんだ?
体力じゃないし、無尽蔵に使えるわけじゃないんだよね。
MPみたいなものがあって、それが減るとつかえなくなるとか?
そんな美琴の勝機はフレンダが置いていった爆弾。
施設中にしかけたってどうやってやったんだ?
簡単じゃないよね?
フレンダの能力と関係してるのかな?
どんな能力かは知らないけど。

麦野の能力は1度に4発まで?
自分でもそれが弱点に鳴ってることが分かってるみたいだな。
きっちり対策。
さらに勝ち目なし(;´Д`)
これ、どうするの?
さすがに主人公が退場はないから、逃げること出来るんだろうけどさ。

麦野って序列4位ってのを結構気にしてるの?
そもそも序列が上がると待遇が上がるのか?
10位以内に入ってるならすでに特別待遇になってそうだけどな。
まあ、自分よりも上が居るのが気に入らないだけかもしれないけど。

ちょっとした油断から麦野を気絶させることに成功。
その間にようやく目的達成。
目的達成するまで長かったな。
後は逃げるだけ。
なんだけど、またもや麦野さんの妨害。
タフだなー。

麦野ってサドだよな。
美琴への攻撃、嬉しそうwww

絹旗と麦野が電話してるときのフレンダ、カワユスwww
この後のお仕置きが確定してるのはご愁傷様だけど。

美琴の勝機の最後の鍵は、フレンダの爆薬。
麦野は最後の最後までフレンダの爆弾に手を焼かせたな。
これはたしかにお仕置きしなきゃやってられないわ。

麦野は尊が何のためにやってたのかは何も知らなかったのね。
仕事だから干渉しなかったってことか?
でも、3位が固執してることが何か興味をしめしたらしい。
面倒な人だなー。

麦野は何に気付いたんだ?
どのみちろくなことじゃないんだろうけど。

最後の研究所は、何もしなくてももぬけの殻。
なんか中ボスを倒して、ラスボスの城に行ったら誰も居なかったみたいな感覚で拍子抜けだな。
だからと言ってラスボスが誰かってわけじゃないけど。

最後に当麻が登場。
これが始めての出会いか?
これまでは当麻に会う前の話ってのを忘れてたわwww


迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック