やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。⑪「そして、それぞれの舞台の幕が上がり、祭りは最高に(ry」

第11話「そして、それぞれの舞台の幕が上がり、祭りは最高にフェスティバっている。」

あらすじ
雪乃は、文化祭実行委員の副委員長として委員長の相模を補佐することを引き受けた。その仕事ぶりは、相模の存在がかすむほど。バランスを欠いた実行委員会の機能はマヒしはじめ、実務が雪乃に集中することになってしまった。そのせいか、ついに体調を崩した雪乃は学校を休んでしまい…。

レビュー
サブタイトルタイトルが長いよ(;´Д`)
それはさておき、八幡のクラスの星の王子さま、ミュージカル。
いや、ただの劇か。
あんかBLっぽいのは海老名のせいだよね。
なんでこんなことに……。

雪乃が休んでるのも知らずに、相模はクラスに顔を出し。
やっぱり相模は委員長の器じゃないわ。
自分のクラスにだけ力を入れてどうする。

そして八幡からの電話で結衣に知らされる雪乃の欠席。
一人違うクラスだから、知らなくても無理はないけど、結衣くらいはメールしろよ。
しかし、八幡からの思いがけない電話で動揺してる結衣。
これ、期待したんじゃね?

でっかいマンションの15階か。
一人暮らしなんだよね。
いい部屋に住んでるな。

折角お見舞いに来た結衣にそっけない雪乃。
珍しく結衣が怒ってる。
確かに倒れるまでやって、平気とか問題ないとか。
問題ありまくりじゃん。
そんな結衣の言葉を、さえぎって。
届いてる……んだよね。

ちょっ、八幡は紅茶を一気に飲みすぎ。
結衣は一口も飲んでないだろ。

結衣の思いは雪乃に届いてた。
ただ、今の雪乃はまだ頼る決心がつかない。
だから時間が欲しい。
逆を言えば、決心がついたら頼ってくれるんだよね。
結衣に随分と心を開いたな。
あと一押しだな。
なんかこう、ギャルゲーの好感度を上げてるみたいだwww

八幡が爆弾投下。
誰もが八幡に悪い印象を持ったままの解散。
こういう状況でもいい訳も何もしないのが八幡なんだよな。
友達が居ないからいまさらって言葉で自分をごまかしてる。
雪乃は八幡がこういう性格って知ってて、今回もわざと悪役になってるのを知ってるからこそ、誤解を解かない八幡にもう一度問いなおす。
八幡も報われない方向に全力で行くよな。

しかし、八幡のスローガンに笑うところが姉妹だよな。
笑のツボが同じなのかな。

雪乃の「また明日」にはこっちも照れるんだけどwww
なに?このぎこちないあいさつは。
いつか普通にできるようになるのかな?

実行委員がようやくまた活発に。
相模、今まで何もしてなかったから何をしていいのかわからないんじゃね?
そして陽乃が八幡と会話してるのを邪魔する雪乃。
これ、嫉妬ですか?
隠しきれてないよwww

テンションが上がってるところに委員長の相模の挨拶。
その挨拶も満足に出来ない。
相模としては、こんなはずじゃなかったんだろうな。
そして裏方で繰り広げられる夫婦漫才。
これは恥ずかしすぎる。

八幡のクラスの出し物は成功。
やっぱりBL過ぎる。
これが大人気って、どれだけ腐が多いんだよ。

結衣、攻めてくな。
近寄ってく努力をする雪乃は待つけど、近寄ろうともしない八幡には自分から近寄ってく。
誰のこととは言わなかったけど、自分から近寄るってのが八幡なのは伝わっただろうな。
ラブコメすぎるwww
そしてハニートーストをおごるという約束でデートにこぎつける結衣。
策士すぎるwww
これだけ攻められると、八幡も対応できんわ。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック