DEVIL SURVIVOR 2 EPISODE 09 「5TH DAY 驚愕の木曜日」

あらすじ
「俺は、みんなの死の上に生きている……」 「生き残るとは、背負い続けるという事だ。」 多くの犠牲を伴った戦いを終え、ヒビキたちはそれぞれに戦いの意味を考える。 そんな中、突然ヒビキの部屋に姿を現すアルコルに困惑するが それもつかの間、第5のセプテントリオンが札幌上空の成層圏に出現。 その戦いは最善で残酷な決断を迫る戦いだった。 生き残ることの重さを噛みしめるヒビキたち。それぞれが選ぶ、人間が生き残るための最善策とは……。

レビュー
目が覚めたら憂う者がいるって、なんかちょっと恐い。
それはさておき、憂う者。
人類に手助けはするけど、完全に味方ってわけでもないんだよな。
神と同じ様にどう進んでいくのか見てるだけ。

ヤマトが早々に選択をしてしまって、未来への他の可能性を潰してしまったことを残念に思う。
だからヒビキに目をつけたと?
ヤマトみたいに他の全てを切り捨てることが出来ないヒビキはさぞ興味深い存在だろうな。

憂う者と一緒にいるところ、コメディになってるんだけど、今の重い状況でこれは違和感があるわ。
とりあえず、憂う者についてはみんなには内緒。

ヒナコとアイリの二人が狩り出された。
何かの適正があったらしい。
イオの件といい、適正って言われても余りいい気がしないんだけど。
今回は特定の悪魔召喚のためだから、イオの生贄ということじゃないみたいだけど。
というか、イオの生贄ってまだ立ち消えてないよね。
むしろ消えてて欲しいんだけど。

今度は北海道ですか。
あっちこっち移動して大変だな。

ヒナコとアイリは転送ターミナルで移動できる位置にいる。
じゃあ、他の人は?
召喚悪魔のために犠牲になるの?

シヴァのために舞。
カーマのために処女って(;´Д`)
シヴァの方は分からなくもない。
カーマェェェ。

しかもカーマさん、シヴァにやられるために召喚とか。
酷い話だ。
確かに第5のセプテントリオは倒せたけどさ。

コアは破壊したけど、残骸は落下。
そのための転送ですか。
ただし、全員が脱出できないから犠牲になる人類もいる。
ヤマトが取ったのは、犠牲が出てもセプテントリオンを倒すこと。

ポラリスに会って願うのは世界の書き換え。
能力の高いものが世界を掌握。
消滅した世界は元に戻らないんだよね。
すくなくともポラリスが必要だと思わない限り。
絶望的な未来しかない。
ヤマトの言い方は気に入らないけど、無視しても世界が消滅するだけ。
選択肢がなさ過ぎる。

イオに死の通達。
ついに生贄が実行されるの?

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック