DEVIL SURVIVOR 2 EPISODE 08 「4TH DAY 変容の水曜日II」

あらすじ
「どうして、人間にこんな酷な試練が課せられなければならないのだ……」 「何もかもが……無かった事にされていく……」」 東京、大阪、名古屋の三か所に出現した第4のセプテントリオン。 三体のコアを同時に破壊しなければ倒せないセプテントリオンに苦戦を強いられる。 戦いは熾烈を極め、さらにヒビキ達は追いつめられることに!? そんなそれぞれの戦いの結末は……。 そしてこの世界が行きつく先とは……?

レビュー
今の召喚出来る悪魔からすると、ダイチを置いていくってのは間違ってないよな。
なんであんな弱いのばっかり持ってるんだか。
わざとやってるとしか思えない。

敵が強くなってるのに、分散して戦ってるからな。
余り分がいいとは言えないな。

倒したと思ったら、復活。
全く同じタイミングで3体を倒さなきゃならないのか。
シンクロ率が試されるな。

名古屋組の死に顔動画。
忠告したのに逃げなくて大丈夫なの?
確かにロナウドたちが居なければ誰も出来る人が居ないけどさ。

名古屋組はアイリとジュンゴを残して全滅。
メイン級のキャラでも容赦なく死ぬな。
倒したの?の後の攻撃で全滅ってのは定番だな、
そういうので死ぬのはモブだけだけど。
残りの話数を考えると、アイリとジュンゴも死ぬ確立が高そう。

残り3体。
まだ多いよ。
どんどんメインキャラが死んでるのに、全部倒せるの?
まさかバッドエンドで終了ってことにはならないよね。

全ての元凶はポラリスという存在。
不自然な存在である人間を審判にかけた。
それがセプテントリオン。
憂う者もセプテントリオン。
カオルみたいな存在か?
意思がないはずなのに、意思を持った存在になってしまった。
だからポラリスの考えに疑問に思い、人が世界滅亡を回避すべき選択を与えた。

選択しなければ無に帰す。
と言っても、セプテントリオンに負ければ終わりなんだよね。
どっちにしろ選択は少ない。

7日間の審判に勝ち抜いて初めてポラリスのところに行ける権利。
ハードルが高くないですか?
そして無というのは、本当の無。
死すらも超越した何もないという無。
バッドエンドに向かってるようにしか見えない。
ハッピーエンドは期待しちゃだめなんですかね。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック