たまこまーけっと 最終回 (終) 「今年もまた暮れてった」

あらすじ
なくしたかと思われたメダルをたまこに差し出したのは、デラの国の王子・メチャだった。
心優しい王子の登場に、すっかり盛り上がってしまう商店街の人達。どの店も臨時休業になる。しかしその光景を見たたまこはある出来事を思い出し、ひどく動揺してしまう。

レビュー
突然の王子の押しかけに家族騒然。
商店街も騒然。

たまこの気持ちを無視して相変わらず話は進んでる。
たしかにチョイの占いは98%当たるかも知れないけど、2%は外れる。
外れてる可能性も0じゃないと思うんだけど。
そもそも、たまこが望んでなければあの王子が連れて変えるとは思えないんだけどな。
いつもと違う日常ってのはそれだけで不安になるな。

商店街の皆が全員銭湯に集まってるって、お前ら商売する気がないのか?
店が閉まってるシーンでたまこが思い出したこと。
はっきりと言ったわけじゃないけど、これは母親が死んだ時のことみたいだな。

子供の頃から住んでる商店街。
その商店街の人たちとの思い出。
17年同じところに居ればそんな思いでもたくさんあるよな。

たまこは商店街が好きだ。
だから王子の后にはなれない。
たまこの本音って初めて聞いたような気がする。
感情は表に出てはいるんだけど、しっかりものの姉で本当の感情が見えなかったんだよな。
だからずっとたまこが好きになれなかった。
喜怒哀楽を表に出すみどりとかもち蔵の方がよっぽど好感度が高かったからな。

そのたまこのために走るデラ。
男だな。
まあ、痩せてて飛べればもっとスマートだったんだけど。

結局チョイは后の占いをしてなかった。
たまこがいい人だったから后になって欲しいって、それでこんな騒動。
チョイぇぇぇぇ(;´Д`)

后の話もなかったことになったし、南国に帰るって早いよ。
チョイも王子ももう少しいればいいのに。

見送りにプレゼント。
みどりはくまのぬいぐるみ、史織はなんだ?髪留めか何か?
かんなはネタで金槌。
ネタってことは、本命があったんだよね。
何を上げようとしたんだろう。
たまこ、やっと集めてもらったメダルをあげようと思ったら、チョイからお断り。
チョイがいい子でよかったな。
プレゼントであげるなら、チョイが快く貰ってくれるのをあげろよ。

やっぱり后ってチョイなんじゃね?
首元に何かしらの印って、あの首飾りで見えてないだけなんじゃあ……
全て憶測だけどね。

デラ、結局残ってる。
大晦日までは居てくれるって、なんか最初の頃を思い出すんだけど。
それで結局だらだらと居たんだよね。
ぶくぶくと太って(;´Д`)

ついに年末。
デラ、たまこたちに内緒で出てくのか。
それもまたいいけど、どうせまた会えるんじゃね?

どうやらそのまたが直ぐに来たみたいだ。
もち蔵が送った誕生日プレゼントにまぎれたデラ。
まるで死んでるみたいだwww

結局帰らないの?
そのうちまたチョイたちが来る伏線なのかな?

総評
ゆるーい感じの商店街で、ゆるーい日常アニメ。
キャラは可愛いんだけど、なんだか嵌れなかった。
いい人しかいない商店街に共感できない主人公。
みどりとかもち蔵回はあったけど、かんな回が全くなかった。
史織を出さずに、それぞれのキャラの掘り下げをすればよかったのに。
キャラの掘り下げが少ないのも魅力が薄い一つだよな。
作画、声はいいのに色々ともったいない。

なにはともあれ、スタッフ、キャストの皆様、お疲れ様でした。

迷走中の感想日記TOPへ

この記事へのトラックバック