とある科学の超電磁砲S #8 「Item(アイテム)」

あらすじ
『妹達』と、それにかかわる『実験』を中止に追い込むーーその決意を胸にした美琴の手によって、次々と稼動不能にされていった研究施設も、残すところあと二箇所。しかし、『実験』を行う者たちも、美琴に蹂躙されるまま、ただ手をこまねいていたわけではなかった。ターゲットは電気を操る能力者。施設に潜入したときのみ、その排除にあたるべし――。そんな奇妙な依頼を受け、とある暗部組織が動き出す。そのことも知らず、病理解析研究所に潜入を果たした美琴の前にめぐらされた数々の罠。そして彼女を誘うかのように、ひとりの少女が姿を現す。一方、残るひとつの施設、脳神経応用分析所には、布束が現れ――。

レビュー
ようやく非日常回がメインに来たか!
アイテムが登場。
これで美琴の研究所つぶしが簡単にいかなくなったな。

美琴の目的場所に居たのはフレンダ。
麦野じゃなくてよかったな。
50%の確立だったんだし。

美琴が向かわなかった施設には布束。
別に打ち合わせしたわけじゃないのに、同じ施設に行かなくてよかったな。

相変わらず戦闘になると美琴の能力は強いな。
応用が使える能力は優位すぎる。

フレンダ、カワユス。
何この生き物。
美琴と敵対するポジなのがザンネンなくらいだ。

布束さんも独自で動いてる。
まあ、こっちは美琴と違って違法はしてないけど、やろうとしてることがばれたらやっぱりまずいことになるんだろうな。
能力使いじゃなさそうだし、どうやって切り抜けるんだろう。

フレンダのブラフに見事に引っ掛かってかなり美琴を追い詰めた。
これ、フレンダがおばかじゃなければ勝てたんじゃね?
キャラはいいのになー。
外見と性格と残虐性が強いのがこいつのいいところなんだろうな。
まあ、それがフレンダってことでwww

フレンダは相手を殺すのも厭わない残虐さを持ってるけど、美琴はそこまでは持ってないな。
カウントダウンはしても結局殺さないし。
過剰な攻撃はしても、人を殺すという一線だけは越えないようにしてるというか、できない性格。
それが美琴なんだろうな。

美琴優位の状況で麦野が登場。
というか、滝壺もいるし、絹旗もいる?
あっという間に立場が逆転しそう。
相手は美琴を殺すことも平気でするみたいだし、状況はかなり不利になったな。


アイテムが出てきたことで戦闘も出てきて、テンションが上がるわ。
ようやくこの展開になりましたな。
ここまでが長かった(;´Д`)
その分今回は早く感じたな。
今までは溜めの回だったんですね。

迷走中の感想日記TOPへ
とある科学の超電磁砲S 第1巻 (初回生産限定版)(特典ディスク付き) [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (UPGDP)
2013-07-24


Amazonアソシエイト by とある科学の超電磁砲S 第1巻 (初回生産限定版)(特典ディスク付き) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック