革命機ヴァルヴレイヴ 第9話 「犬と雷」

あらすじ
エルエルフの指導を受け入れ、学生たちは戦闘訓練に勤しんでいた。
ドルシア軍の追撃を振り切るため、中立地帯である月へ逃げ込もうとするモジュール77だったが、またもドルシア艦隊に行く手を阻まれる。
敵の陽動作戦で、ハルトとサキの機体は孤立し、防戦一方の咲森学園。
戦闘の混乱の最中、ヴァルヴレイヴに乗り込もうとするサンダー。
個人の感情で勝手をするなと、犬塚はそれを止めるのだが、サンダーの言葉に心を揺さぶられる。

レビュー
アイナが死んだのは不幸ではあったけど、単独で追悼って(;´Д`)
最初に死んだ山田の親友とかなんて、墓を作ってもらえただけなのに……。
待遇が違いすぎやしない?
アイナをよく知ってる奴らが、こんな悲しいことは皆で追悼すべきだとか言ってやったのかね。
本当なら、今までの犠牲者達の名前を出して、皆に追悼すべきだろ。
家族が近くに居ないならなおさら。
自分の子が死んでるかも知らないまま、をずっと見守る家族が可哀想すぎるわ。
こういうところが茶番なんだよな。

またハルトが凶暴化してる。
サキはまだそんな描写がないけど、描写してないのか凶暴化してないのか。
OSに女の子が出てるし、ハルトの機体だけ特別なのかな?
それとも何か条件がある?

エルエルフは辛辣な言葉を平気でいうな。
まあ、エルエルフにとっては、誰かの敵討ちで感情を動かすのはばかばかしいと思ってるんだろうな。
リーゼロッテだけは特別で。
ここまで言われても乗り込むほどの意思は犬塚にはないのか。
思ったよりも感情的にならないんだな。

戦わない独立国家とかいいながらも、結局は戦闘。
まあ、相手が攻撃してきてそれでも攻撃しないままで居られるわけないよな。
VVVじゃなく、モジュール自体から攻撃したのはどうかと思うけど。

VVVが敵を追いかけてる間に、モジュールが攻撃されてる。
まあ、そうなるよな。
敵は二機。
引き離せばモジュールからの攻撃なんてたかが知れてるし。
全く動揺してないエルエルフ。
この展開は読んでるとは思うけど、何で動かないんだ?
他に何か思惑が?

山田、熱い男だな。
口調はあらっぽいけど、仲間思いだし。
犬塚が気付いてなかった本音も指摘。
山田はあのネットでの追悼は茶番だと思ってたのね。
あんな追悼をやるくらいなら、自分の手で仇を討つ。
熱血ですな。

結局山田の熱い思いに納得しちゃったよ。
まあ、自分の手で仇を討ちたかったけどエルエルフに言われたので自分の心を納得させてただけだしな。

犬塚、青のVVVか。
山田はそのまま黄なんだろうな。

登場してからいきなり負けるとは思わないけど、あの青い機体、強いな。
防御もかなりあるんじゃね?
黄色の機体も攻撃力がかなりある。
敵の雑魚機体、盾すら吹っ飛ばすってハルトたちの機体よりも強い?
青は攻防で、黄は攻撃力特化?
サキのカーミラは足が多かったけど、黄は手が多い。
最後の機体はどんな攻撃タイプなのかね。
やっぱり5体の機体だと、マジョスティックプリンスとなんとなく被るな。
あっちの方がさっさと機体の特性を前面に出してたけど、こっちは遅すぎる。
キチキャラばっかだし、ここまで耐えられなかった人も多いんじゃね?

ハルトとサキは全く活躍しなかった……
まあ、今回は青と黄の活躍を目玉にしたかったからなんだろうけど。
なんかサキの活躍がどんどんなくなってる気がするけど、大丈夫か?

最初の敵が囮ってのは、エルエルフじゃなくても分かりそうだったけどな。
パイロット適正はあったけど、乗る意思がないやつは乗るな。
そもそも人を辞めるのかを最終的に決めたのは、犬塚と山田。
ハルトが何を言っても戦う意思があるんだから無駄じゃね?
それが今回だったか、もう少し先立ったかの違いなだけ。
エルエルフの適正判断からすれば、すでに犬塚はパイロットとして遜色なく、後は覚悟があるかどうか程度だったし。

VVVの残りは紫。
パイロットは誰だ?
エルエルフ……はなりそうにないし、もう一人女の子が欲しいところ。
引きこもりアキラあたりをパイロットにして出番を増やしてください。

今回の話数で予想以上に犬塚が恋愛脳だったことが判明。
アイナ、アイナって、それしかないのかよ(;´Д`)

迷走中の感想日記TOPへ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック