はたらく魔王さま! 第6話 「魔王、学校の階段を昇る」

あらすじ
アルバイトの身でありながら時間帯責任者となった真奥は、芦屋と焼き肉屋で祝杯をあげていた。一方ヴィラ・ローザ笹塚では、真奥に敗れエンテ・イスラに帰れなくなったルシフェルこと、漆原半蔵がひとりで留守番中。
彼には真奥からパソコンとインターネットを使い、魔力に関する情報を収集せよという使命が与えられていたのだ。そしてとあるサイトで「笹幡北高校の七不思議」という情報を見つけるのだが、そこは佐々木千穂が通う学校だった。

レビュー
焼肉ひゃっほい!
で、芦屋は相変わらずおかんと。
漆原はお留守番。
しかも、ネットショッピングで使いすぎてるらしく、芦屋はお怒りの様子ですwww

誰が誰に報告してるんだ?
エミリアと魔王が生きてることと、オルバが裏切ったこと。
格好はオルバと似てるから、教会でいいのかな?

エミリアは死んだと公式で発表してるのに、生きてるのはまずい。
オルバの裏切りを公開するか、本当にエミリアたちを殺すか。
選択肢は二択なんですか。
オルバの裏切りを公開したほうが後々の為にいい気がする。

異端審問会か。
と言うことは完全に教会ってワケじゃないのね。
面倒なのが出てきたな。

真奥、学生でもないのになんで学校?って思ったら、七不思議で学校に行くのか。
しかも、目的の場所は千穂の学校とか。
ぐ、偶然なんですよね(;^ω^)
というか、七不思議なんてどこの学校にもありそうなんですけど……。
千穂の学校だったのは話の都合上ってわけですねwww

真奥に恋愛を求めるのは辞めよう。
千穂の恋愛は報われないままの方が幸せだよな。
いつかはエンテ・イスラに返るし、寿命が違いすぎる。
同じエンテ・イスラでもエミリアも寿命が違うからこれまた恋愛も難しそうだな。
そもそも、真奥に恋愛するという気が全く無いからな。
まあ、この作品はこれでいいのかも。

千穂の学校の七不思議、いたって普通だな。
開かない教室が開かずの間。
血まみれの二宮金次郎。
段数が増える階段。
二重まぶたになる胸像etc.

魔族にだけダメージを受けるという大家の写真。
見てみたいわ。
案外千穂もダメージを受けるんじゃないの?

なぜか恵美も学校内にいる!
真奥たちの後をつけてたら、夜の学校にってストーカー行為をまだやめてなかったのね。

恵美、簡単に聖剣を出しすぎなんじゃね?
幾ら聖法気とやらの心配がなくなったとはいえ、ほいほい出すもんじゃないだろ。
人体模型って結構するよね。
10万くらい?

開かずの間なのに、簡単に開くし生活観のあるごみが散乱してるんですが。
これ、浮浪者が住んでるんじゃね?

……漆原かよ!
自分達がゲートを開けて、忘れ物をしたから七不思議をちらつかせて取りにいかせるとか。
真奥をパシリに使ってるんじゃねー。
詳しかったのは、ネット情報じゃなくて自分がやったことだからかよ。

結局漆原の忘れ物取りに行くだけで終わった。
なんだったんだ?
学校になぜかうどん。
これこそ七不思議の最後のひとつなんじゃね?

新キャラ?
階段の落ち方がかなりやばいけど、大丈夫なの?
リアルだったら首の骨が不安だ。

相変わらずEDは千穂一押しだなー。
でも最後のシーンをみるとちょっとしんみり。
ショーウインドウの中にいるエンテ・イスラの住人とガラスを隔てた千穂。
越えられない世界の壁を感じるな。

迷走中の感想日記TOPへ
はたらく魔王さま!〈3〉 (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
2011-10-08
和ヶ原 聡司


Amazonアソシエイト by はたらく魔王さま!〈3〉 (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック