RDG レッドデータガール 第8章 「はじめてのお願い」

あらすじ
真夏が、姿を消してしまった。真響は真澄が連れていったと考えるが、真相を聞こうにも一人では真澄を呼び出せない。悲しむ真響を助けたいと願う泉水子は、姫神ならば真澄を呼び出せるのではと思い立ち、深行に相談する。だが、姫神は現れず、気がつくと目の前には真澄だけが立っていた。泉水子は、真夏がいるところへ案内してほしいと真澄にお願いするが……。

レビュー
真澄を助けるにはどうしたらいいのか。
真響は動揺しすぎてるのと、コンタクトが取れなくて打つ手立てが無い。
結局真夏が自分で帰ってくるしか手段が無い?

最後の頼みは姫神。
って、姫神は望めば降りるもんじゃないだろ。
うまくいくの?

髪を解いてもまったく降りてこない。
そんなもんだよね。
振り返ったら、深行居ないし。
これ、真澄がやった別空間ってやつじゃね?

真夏は岩戸の向こう側。
そんなところに引きこもってどうするんだよ。
餓死すれば真澄みたいになるの?

真澄が真夏で真夏が真澄?
わけわからん。
引きこもってたというよりも、岩戸の向こうに居たのは真澄。
外に出るために泉水子を利用しようとした?
本体はいつも岩の向こうで、一部だけが外に出てた。
だから真響たちは力に飲み込まれたりしなかったのか。
そして、一部だったからこそ生徒会長の舞の影響を受けた。

深行に羽が生えたんだけど。
からす天狗みたいな存在?
退魔は出来ないけど、泉水子を守ることは出来る。
とはいえ、あの龍を退かせることは無理だろ。

誰か来た。
姫神。
ってことは、泉水子の母?

いわく、神の名は九頭龍。
それを退かせることが出来るってことは、姫神は相当の力の持ち主なんだな。
そもそも姫神の存在がよく分からないんだよな。
悪い神ではないんだろうけど。

紫子が姫神をとどめて置ける時間はそう長くない。
死亡フラグじゃないよね。
なんだろう、ある程度の年齢になったら次に代替わりするの?
それとも次の代がある程度の年齢になったときに勝手に?

紫子、颯爽と来て、颯爽と去ってった。
風のような人だな。
しかし、泉水子が一緒に居てはいけない理由が分からん。
姫神を憑依出来る人間が近くに複数居ると問題が起きるのか、問題を紫子姫神が対処してしまうことが問題なのか。

和宮はまだ居る。
しゃべるカラスが居たから。
で、深行の羽は和宮の力を借りたから。
しゃべるカラスなんて居たっけ?
羽は別空間で深行が望んだから出現したのかと思ったけど、違うのか。

迷走中の感想日記TOPへ



この記事へのトラックバック