とある科学の超電磁砲S #4 「妹達(シスターズ)」

あらすじ
忍び込んだ研究所で、美琴は『クローン製造計画の中止』を知る。自分のDNAマップが悪用されなかったことを確認し、晴れ晴れとした気持ちになった美琴は、初春や佐天たちとショッピングに出かけることに。近く行われる『広域社会見学』に想いを馳せ、黒子が引いてしまうほどのテンションの高さを発揮する美琴。初春たちも少々戸惑い気味ながらも、かわいいものを前に心がときめく。意外な才能を発揮したりする美琴を中心に、五人は楽しい時間を過ごす。瞬く間に過ぎていく、夏休みの一日――。そんな学園都市の風景の裏側では、とある実験が静かに進行していた。

レビュー
なんかいつもと違うテンションの美琴とそれを微妙な目で見る黒子。
確かに変、というよりも気持ち悪い。
明らかになんか隠してるように見えるわ。

皆で買い物。
なんかシスターズの事件に関係の無い話が続くな。
というか、春上がいらん。
なんでこいつこんなに出てるの?
クローン計画は凍結したことに安心してる美琴の知らないところで、シスターズ計画進行中。
クローンを一度に作るのは情報をリンクさせるため?

黒子や佐天たちに用があると、何もすることの無い美琴。
同年代の友達いないのね。
そして小学生に本気で遊ぶ美琴。
大人気ないwww

電波を使っても連絡を取り合うことは出来ない。
レベルアッパーみたいに脳波の波形が近ければありえるかもしれない。
双子が伝達できるっていうやつみたいなもんか。

美琴のクローン、本当に美琴と同じなんだ。
禁書目録みたいに目にハイライトが入ってないとかそんな区別もない。
佐天が間違えるのも無理は無い。

ゲコ太のバッジを手に入れるためには万札すらも使う。
恐ろしい子。
結局いくら使ったんだよ。
目的のものが出て、子供たちに安心って、お前が一番幼すぎるwww
そして一日が終わる。
子供と遊んでガチャやっただけかよ。
もったいない。

シスターズ、来たか!?
同じ能力を外から浴びたことで感じたらしいけど。
やっぱりそういうのって分かるもんなの?
美琴が途中で子供に説明してた、脳波の波形が似てるってのも当てはまるのか。

ハイライトが入ったシスターズ、美琴そっくりでありカワユス。
これはいい改変。
美琴は髪を伸ばすべき。

科学者は科学者か。
実験が終わったシスターズをまるでごみのように扱って。
産まれたばかしのこの子もそうなる運命かと思うと涙が(´;ω;`)

日常から非日常までの展開。
最後に非日常を持ってきたかったんだろうけど、長いよ。
この調子だと、今期はシスターズ編だけ?

迷走中の感想日記TOPへ

とある科学の超電磁砲 08―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)
アスキー・メディアワークス
2012-10-27
鎌池 和馬


Amazonアソシエイト by とある科学の超電磁砲 08―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック