銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #006 「卒業」

あらすじ
先輩チームとの合同ミッションながら、GDF初の先制攻撃を成功させたチームラビッツ。急遽学園に呼び戻された彼らを待っていたのは、GDF軍への正式所属、飛び級による卒業だった。グランツェーレ都市学園。ザンネン5と呼ばれ何かとバカにはされていたが、そこは学園に入る前の記憶を消された5人にとって唯一思い出がある場所。そして旅立ちの日、全生徒の前でチームラビッツによる模擬演習が開始される。

レビュー
前回の作戦は成功。
上げて、下げて、上げて。
ザンネン5の評価も忙しいな。

今回の戦闘データ。
……ランディが持ってくる時点でまたエロじゃないかと疑うんだけど、今度は男だけで見ろとか言わなかったから本当なんだろうな。
そして、チームドーベルマンは最前線へ。
死亡フラグが立ちまくってるけど大丈夫かな。

そしてリームラビッツは学園に。
学園で幾ら吼えても、戦場に出れない時点でチームラビッツよりも下なんだよな。
こいつらはチームドーベルマンの存在を知らないのかね。
先輩だから嫌味はいえないのか?
井の中の蛙すぎるwww
しかも、戦場に出たら死にそうなタイプだ。
学園にいるうちに死亡フラグを溜めとかないほうがいいぞ。

今までろくに学園生活がなかったのに、回想という方法で過去が出てきた。
今のチームになったときも色々あったのね。
こいつらの学園前の記憶は失われてるから、学園の生活が今までの全てなんだよな。
そこを離れるとなると確かに感慨深くなるわ。
そして、イズルのヒーローの原点は部屋にあった漫画ということが判明。
真っ白の中に刷り込みみたいになっちゃったのかな。

リンが心配するのは能力がうまく発揮できない3人。
タマキとスルガは安定してるんだ。
ちょっと意外。
アサギとケイは戦闘では萎縮、イズルは能力発揮に波がある。
さすがに的確に見てるな。
特にアサギのメンタルの弱さが気になるわ。
いつか大失態にならなきゃいいけど。

ちょっ、4機は実機でケイだけは地上で指揮なんだ。
お立ち台というよりも、見世物というかなんと言うか。
確かにあれは恥ずかしい。
ケイが不服に思うのも無理は無いわ。

模擬演習っていっても、アッシュのお披露目かよ。
いや、一応ザンネン5の能力のお披露目?
なんとか無事に終了出来てよかったな。
アサギがまたリンケージに失敗するかと思ったわ。

お披露目では成功したのに、階級章授与でコケタ。
アサギ、こんなことにも緊張するのか。
豆腐メンタルなんてもんじゃないわ。

学園を卒業して、帰る場所がなくなったけど、これからはみんなが居るところが帰るところ。
こう見るとやっぱりイズルはリーダーだよな。
最後にチーム名を間違えるのはお約束ってことでwww
しかし、ケイの毒舌がなかったんだけど、これは助けられたことでケイがイズルを見直したってことでいいのかね。

学園生活なんて碌になかったのに、私物を片付けてるシーンとか皆で見送りとかでちょっとしんみりした。
こいつら全員が学園にある記憶が全てなんだよな。
ある意味家族とも言える。
イズルじゃないけど、今は5人が家族で帰る場所になったとも言えるけど。

敵幹部のお披露目。
えっと、こいつら全員とまともにやりあうわけ?
これからどんどんシリアスになっちゃうのかな。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック