銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #005 「小惑星基地潜入作戦」

あらすじ
作戦だけでなく、その退却までも失敗し、死傷者が出る寸前だったチームラビッツを救ったのは、MJP第2世代にあたるチームドーベルマンだった。イズルたち学生とは違いまるで教官のように訓練機を操る、凄腕ながらガッカリスリーとも呼ばれている3人の先輩たちに、尊敬と親しみを抱くチームラビッツ。次の作戦は、小惑星にある敵基地に潜入・爆破する「オペレーション・ナバロン」。チームドーベルマンとの合同ミッションだ。

レビュー
先輩達との戦闘訓練?
地上でやるのは初めてみたいな事を言ってるんだけど。
そういえば、初出場は宇宙で、そのままずっと宇宙にいたから重力があるところでは初めてなのね。

前回はなんとか生き延びたけど、フォーメーションとか戦略になると本当にダメダメだな。
これでよく敵と戦って生き残れたな。
運が良かったとしか思えん。

チームドーベルマンもがっかりスリーとか、漫才スリー、トリオ・ザ・ドーベルマン。
こういうやつらしか選ばれないんじゃないかと思えてきた。

真面目だったのは前回までだった(;´Д`)
予想以上にランディがアホな人だった。
こいつがリーダー。
確かにがっかりですね。

でも、結構いいこと言ってもいるんだよな。
イズルにヒーローとは決断、諦めない、仲間を信じる。
イズルの戦い方が自分だけで戦ってるように見たか。
このままだと死ぬ確立が高いからな。
誰かが言わなきゃらなない。
こういう主人公の兄貴分は死亡フラグがががが(;^ω^)

チームラビッツ。
15~17才なのか。
確かに思春期なのに、恋愛に無関心なのが3人いるな。
他の二人も恋愛感情といっていいのか微妙だし。
これも特殊な育ち方をしてるせいかな?

ランディが渡した映像、何が映ってたんだ?
ケイとタマキ以外で見ろって言われたみたいなんだけど。
……エロかよ!

スルガが思ったよりも純情だったwww
そしてタマキが無知でした。
アレだけアタックしてるのに、知らないのね。

スルガ、ナンパはOKだけどエロはダメなのね。
逃げたよ。
結局イズルとアサギで視聴。
視聴……するんだ。
しかし、中身を知らなかったとはいえ、女の子も交えてAV鑑賞はレベルが高すぎるな。
結局タマキは何も知らないっぽかったけど、ケイは完全に軽蔑したんじゃね?

寝不足になるまで視聴してたのかwww
ケイは軽蔑の目でランディを見てますな。
で、結局タマキは何も知らないまま。
白いままで居て欲しいな。

ケイ、完全に軽蔑してるwww
睡眠不足かと思ったら、徹夜。
この件については、もう何も言わない方がいいんじゃね?

ケイとタマキと一緒に視聴したのはランディ先輩もびっくり。
やっぱりスゲー逸材だぜ。

今回の任務はチームドーベルマンと一緒。
なのに、イレギュラーの展開。
敵がたくさん居すぎだろ。
撤退するかと思ったら、そのまま続行。

敵はチームドーベルマンが引き付けるって、死亡フラグを立てまくってるランディがいるチームだし、生き残れるのか?

タマキの機体は一番でかいんだな。
あの5機ってそれぞれに特化してて形が皆違う。
ロボ物としては、こういうタイプの方が面白いよな。

結局アサギとタマキが残って、イズル、ケイ、スルガが突入。
敵の基地内部なのに、大量に沸く敵と容赦なくしてくる攻撃。
下手すりゃ全滅だな。

イズルのいいところって、なんでも素直に聞くところだよな。
今回もランディの言葉を素直に聞いて、スルガを信頼、そして決断して実行。
ヒーローに近づいたよ。
死ぬかもしれない展開だったけど、まあそれは主人公補正でwww

タマキ、外で見てただけだったけど、最後に活躍の場があった。
あれ?アサギは?
あいつ今回全く活躍して無いな。
早く胃痛をなんとかして、活躍してくれよ。
他のキャラはどんどん活躍してるのに(;´Д`)

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック