やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。①「こうして彼らのまちがった青春が始まる。」

あらすじ
「青春」を謳歌する周囲を鼻で笑いながら、孤高のぼっちとして日々をすごす高校生・比企谷八幡。 そんなひねくれた性格を問題視した生活指導担当教師・平塚静は、八幡を連れてある場所を訪れた。 そこにいたのは、完璧美少女・雪ノ下雪乃。いきなり雪乃と二人きりになった八幡だが……。

レビュー
またもや長文タイトルラノベ。
このブーム、早く終わらないかな。
もう食傷気味すぎて。

それはさておき、原作は全く読んでないけど、ビッグガンガンでコミカライズされたのをちょこっと読んだ。
何の努力もしない、捻くれた性格の主人公がリア充死ねとか言ってるやつ位の印象しかなかったな。
2話目を読まなかったのですでに付いていけてないけど(;´Д`)
そんな不安を感じながらとりあえず視聴。

アバンを見てる限りだと、主人公の八幡って青春を謳歌してるやつは砕け散れとか言ってる自分かっけーとか思ってる?
これもまた厨二思考の持ち主だよな。
他人を見てくだらないと見下してかっけーと思ってみたり、自分の居場所はここじゃないんだってのも、厨二だろ。

八幡の思い出は甘酸っぱいのではなく、涙でしょっぱい思い出だろ。
告白して友達って言われたら、断りの常等文句だよな。
その後話したことが無いって、告白された方も期待させるのも悪いから避けてたんじゃね?
まあ、八幡は言葉どおりにとって性格が歪むのの一つ担ったみたいだけど。

顔だって良い方?
目が死んだ魚なのは致命的な気がするんだけど。
それにしても、雪ノ下は毒舌というよりも高慢だな。
とはいえ、言ってることはそれほど外れてもないんだよな。
成績は数値として出るからいいとして、外見なんて人の主観でしかありえないな。

人に好かれてるのにぼっち。
モテるけど同性に嫉妬され、いじめられた。
星奈と同じだな。
奉仕部=隣人部かよ!
まあ、この部は建前でも友達を作る部じゃないみたいだけど。

良く知らないクラスメイトにいきなりビッチはどうよ。
雪ノ下の言うように八幡に友達も恋人も居ないのは歪んだ性格と思考のせいだよな。
名前を聞いた後も名前ではなくビッチって(;´Д`)

由比ヶ浜の願いは、手作りクッキー。
食べて欲しい人がいるけど自信が無い。
クッキーってそれほど難しくないような。

奉仕部は願いをかなえるのではなく、あくまで手伝いをするだけ。
飢えた人に魚を与えるのではなく、魚の取り方を教えて自立を促す。
隣人部よりも高尚な活動内容だ。

まずいクッキーって、こげただけじゃないの?
となると、性格が大雑把過ぎて計量を適当にやってるとしか思えないな。

友達の友達は自分のことだよ(´;ω;`)
しかし、痛い過去だ。
勘違いして突っ走って撃沈。
それはいいけど、それを黒板に描くってどうなのよ。
いじめだろ?

努力は自分を裏切らない。
夢を裏切ることはあるけどな。
確かに、努力しても夢が叶わないこともあるけど、その努力は自分の糧となる。
いいことを言ってはいるんだけど、ほとんどが歪んだ発言だからな。
素直にいいやつだとは思えないwww

由比ヶ浜が押せ押せモード。
雪ノ下の言うことを何一つ聞いちゃ居ない。
雪ノ下は雪のんですか。
しかも、部活を手伝うのを決めたとか、勝手に話を進めてるわ。

で、結局由比ヶ浜は誰にクッキーをあげたんだろう。
腹痛になってないことを祈ろう。

うーん、可もなく不可もなくって所だな。
無駄にエロに行くラノベじゃないからもう暫く視聴してみよう。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック