マギ 第24夜 「堕転」

あらすじ
ついに闇の組織アル・サーメンとシンドリア王国との戦いの火ぶたが切って落とされた。
襲い来るアル・サーメン軍団を迎え撃つ八人将。
しかし、その戦いを見ていたシンドバッドは妙な違和感を覚えるのだった。

一方、迷宮ザガンでは、闇の全身魔装をしたドゥニヤに、アラジンたちは苦戦を強いられていた。
更に、運命を憎めと挑発をするイスナーンの言葉に、アリババの心は動揺し―…。

レビュー
どうやら後2話で終了の模様。
未だに連載が続いてる作品だから、どう終わるのか不安になってきた(;´Д`)

それはさておき、シンドリア攻防戦。
八人将って強いんだろうけど、それ以外の兵は普通なんだよね。
あんな化物みたいなのが何人もいたら、それは脅威すぎるからな。
今の人数なら煌と同じくらいの人数?
だとしたら、世界としては両国とも脅威だな。

こんなタイミングで白龍の左腕切断だと?
変なところで原作とつじつま合わせにしてきた。
大丈夫かな?

原作では師匠たちしか戦ってなかったのに、他の八人将が戦ってる姿を見るのはちょっと感慨。
とはいえ、三人以外は雑魚バトルなんだけどさ。

イサアク、魔力が尽きたらただの砂。
砂というか、砂鉄か。
ずっと魔力で維持し続けてたってことは、それなりの魔力を持ってたんだな。
マギに選ばれる素質は0じゃなかったのか。

敵なら敵らしくしろwww
敵にだって事情はあるっての。
戦闘狂じゃなければ無駄に争いをしたがらない。
それを知ってて戦ってたんじゃないのか。
カシムは特別で、それ以外は戦闘狂とでも思ってる?

師匠たちの相手も雑魚過ぎた。
なんだったんだwww
とはいっても、まだヤムライハが残ってるんだけど、あの爺さんもきっと雑魚のように倒されるんだろうな。

まさか、サブタイトルの堕天ってアリババのこと!?
スタッフ、本気か!!
チョコチョコと嫌な予感はしてたけど、この作品で一番堕天になっちゃいけないキャラを堕天にしやがった。
アル・サーメンが選んだ王とか抜かして。
最悪の展開。
次回でまとめるの?
モルジアナがいない間に酷い改変が起きてますよ。
早く目を覚ましてーーー!!

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック