バクマン。3  第23話 「マイクと台本」

あらすじ
亜豆のラジオによって、世論は一変。最高と亜豆の交際は「清い交際」としてメディアで話題になる。亜豆の人気も上昇、『REVERSI』のコミックスの重版も決まり喜ぶ秋人だったが、最高はどこか吹っ切れない。
そんな折、『REVERSI』アニメ監督の江原から、ヒロイン『菜保』役の公開オーディション開催の提案が!秋人と服部は亜豆に不利だと反対するが、最高は「亜豆が実力で役を獲ったとはっきりする」と許諾!最高と亜豆、運命の行方は!?

レビュー
最高の祖父と母も好意的。
というか、仕事漬けの子供に彼女がいたってことだけでも応援できるレベル。
まあ、頭ごなしに反対されるよりはいいからな。

服部との打ち合わせでまたもや重版。
ZOMBIE☆GUNまで大分近づいてるらしい。
アニメ放送が始まればまた売れるし、これは追いつき追い越しになるのも遠い未来じゃないな。
気が付けば服部が我が子を見守るような視線を向けてるんだけどwww

それより心配なのは、声優決め。
美保に実力があっても、決まるまで100%といえないからな。
まだ不安が残る。

制作社からの提案。
テレビとネットを使って公開オーディション。
視聴者に一人1票ということにして投票をしてもらう。
一人1票ってのをどうやってやるかは不明だけど、複数票を投票できないのなら悪くないんじゃね?
実際に提案したのは公開オーディションでもして実力を見てもらわないと、実力で勝ち取っても実力としてみてもらえないから。
監督もそれを危惧したんだな。
確かにオーディションをやったといっても、参加することのない視聴者からすれば本当にやったのか?と疑問を持たれるからな。
とはいえ、秋人が心配してるようにネットでの批判も少なくない。
本当にどう転ぶか分からない。
それすらも覆すほどの実力で勝ち取ってみせるって最高は言ってるけど、結果を見るまでなんともいえないのが現実なんだよな。

亜豆妹がいい子すぎる。
余りにも出番がなさ過ぎだよ。
というか母のインパクトが強すぎてさ、妹の存在忘れてたwww

野次を言うためにオーディション会場。
こういうところに無駄な行動力を使うよな。
そしてネットでもこういう人たちの声だ以上に大きいんだよね。
実際には本当にごく一部なのに。

公開オーディションにおばはんが来た。
役柄は女子高生だよね。
20人に絞ったうちに入ったんだ。

公開オーディションって、声優が喋ってるのを放送してるだけなのか。
容姿は映さないほうがいい気がするんだけどな。
声じゃなく容姿で選ぶバカも出てきそうだし。

なんか他の声優も結構うまいな。
これだけ見てると誰が取ってもおかしくないんじゃね?

服部、携帯を持ってたのは台本の間違いを指摘するつもりだったのか。
リモコンのdボタンが活躍してる。

ちょっ、いくらなんでもダントツすぎだろ。
もう少し他の声優に票を入れないと、それこそやらせに見えるわ。
後、美保と菜保がダブって見えるシーンをもう少しうまく見せれば、菜保の役は美保しかいないってなるのにな。
ちょっと残念。

なんか他の声優さんたちから応援されてる。
すごく綺麗に終わったんだけど。
色々あるけど、結果オーライってことでwww

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック