バクマン。3  第22話 「訂正と宣言」

あらすじ
『REVERSI』のアニメ化が決定!長年の夢が叶った最高たちは感無量!そして、『REVERSI』を少年ジャックの真の看板作品にしようと、決意を新たにする。亜豆も、電話でヒロイン・菜保役を演じてみせ、オーディションへの意欲を見せる。
しかし、声優の卵・北見リリカのブログを発端に、最高と亜豆が付き合っていることがネット上で話題に!スポーツ新聞にも取り上げられ、事態は急変!亜豆は、交際を否定することを迫られるが…?

レビュー
祝!アニメ化!
前回と同じように絶叫してるけど、近所迷惑ですよ。
編集長がREVERSIを選んだのは、将来を見据えてのこと。
エイジと競えるライバルになれるのは亜城木しかありえないと思われてるんだろうな。

アニメ化が本決まりということで美保に報告。
メールに対して電話で返事って。
まあ、それだけ嬉しかったんだろうけど。
セリフをいきなり言い始めた。
1巻の内容を空で言えるのかよ。
それだけ読み込んで準備してるってことも報告したかったんだろうけど。

美保、事務所で問題児じゃん。
社長も大変だな。
とはいえ、きちんと成功してるし社長に感謝もしてる。
社長もなんともいえないな。

リリカの暴露ブログキタ――(゚∀゚)――!!
直ぐに消したらしいけど、その間に魚拓取られてたらアウトだろ。
声優の卵って言っても、その頃から目をつけてるファンなんて幾らでもいるし。

案の定ネットで騒ぎ。
スポーツ紙で声優と漫画家の恋人話って、そこまでなのか?
声優と漫画家が恋人同士だろうが結婚してようが別に構わないんだけどな。
某アイドルみたいに恋人を作っちゃいけない契約でもあるわけでもないし。
なんでそんなに騒ぐのか不思議だわ。
これで美保が候補から外れたらそれはそれでおかしいだろ。

アニメ製作スタッフが挨拶に。
この人たち、まだREVERSIが終わるって事を知らないんだよね。
今回の本題は声優について。
美保を指定しても、今回の騒動でコネと思われたら作品人気に関わる。
だからオーディションに。
オーディションをするのはいいけど、別にコネで声優を決めても構わないけどな。
棒声優ごり押しなら勘弁だけど、キャラに合ってればどうでもいいんだが。
声優オタからすれば許せないことなのかな?
自分の好きな声優が出てくれればモチベは上がるけど、キャラに合ってれば気にならなくなるし。
視聴者ならそんなもんじゃね?

ラジオ放送で交際否定。
よくあるパターンだな。
それで明言したところで、認めない人はいるけどね。
ラジオで公開、交際宣言。
しかも愛していますとかいい始めた。

社長が卒倒したwww
社長、大丈夫か?
体調が心配だわ。

リスナーからの電話に応答。
否定ファンも当然かかってくるよな。
クレーム応対なみに酷いわ。
でも応援してくれる人も居る。
そういう人が本当のファンなんじゃね?

最高からの直接のメッセージ。
実力で勝ち取ってくれると信じてくれる最高と、実力で取ってみせる宣言をする美保。
後は審査をする人たちが美保だけ辛口評価をしないことだけを祈るだけだわ。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック