バクマン。3  第18話 「週刊と月刊」

あらすじ
亜城木の新作読切、邪道な王道バトルの『REVERSI』、エイジの『ZONBI☆GUN』は両者とも完成度が高く、大騒ぎの編集部。最高と秋人、そしてエイジは、お互いの作品が「少年ジャック」に掲載されると知り、更に闘志を燃やす!
そして『REVERSI』は人気投票で、読切作品での得票数の記録更新、1位をとる!このチャンスを逃したくない最高と秋人は、『PCP』と『REVERSI』の2本同時連載を狙うが…その結果やいかに!?

レビュー
邪道の中に王道バトル。
王道の中に邪道を入れた作品。
どちらも得意なジャンルから入ってるから、一定以上の面白さはあるんだろうな。
REVERSIの読切が決まった頃、美保もヒロイン役が決定。
エイジの作品のオーディションを蹴るような声優なのに、順調に仕事が来てる。
下手したら問題声優なのに、よく仕事が回ってくるな。
まあ、ヒロインだし?

エイジの読切、ダントツ1位。
まあ、人気のままで終わった作品と同じ作家となれば読み切りから注目を集めててもおかしくない。
で、読切では最高記録の692票。
ま、まあ、エイジだし。
取ってもおかしくないわ。

次の号に載るのは亜城木の読切。
これまた1位でエイジの記録をさらに抜いた。
694票って、1週間で新記録を更新。
短い天下だったな。

ZONBI☆GUNは連載決定してるけど、REVERSIはPCPがあるから検討中。
エイジと違って2本やったらまた倒れる可能性があるからな。
下手に無理させて倒れても困るし。
慎重な判断が必要になるな。

瓶子編集長も迷ってるのは、REVERSIも面白いから連載させたいけど無理はさせられない。
で、結局佐々木編集長に相談するのか。
まだ編集長になりたてだから誰かに相談したくなってもしょうがないな。

佐々木編集長の返答は今の編集長は瓶子だから瓶子が判断すべき。
その瓶子が判断したのは、月刊誌でREVERSIを連載させる2本連載。
確かに週刊連載よりも負担は少ないけど、大丈夫なのかね?

PCPの担当が服部。
REVERSIの担当は月刊誌の方の担当。
まあそうなるわな。
編集部が違うんだから、服部が両方担当するわけない。
服部の方は頭で納得しても、心情的には納得できない。
亜城木に肩入れしすぎだって。

連載会議で雄二郎が突然意見を言い始めた。
PCPを月刊誌の必勝でやって、REVERSIを週刊でやる。
そうなれば新連載2本になって雑誌としても格好がつく。

いきなり連載会議に呼ばれたらびびるわな。
何かまずったと思うわ。
案の定査問でもやってるかのような状態。
こんな状態で、REVERSIを週刊と月刊どちらでやりたいか。
そういわれても何もいえないわ。
連載を取れるだけましだと思わなきゃ。

服部が本音を言った。
珍しいな、まあそれだけREVERSIの担当をしたかったって事もあるんだろうけど。
雄二郎も班長になったばっかなのに、いい采配じゃね?

結局PCPが月刊枠でREVERSIが週刊枠。
落ちつくところに落ちついたって感じか?

叔父さんの日記。
結構面白いって言われてもさ。
まさか叔父さんも自分が死んだ後に日記を読まれるとは思ってなかったんじゃね?
特に爺さんに。

ノートに夢を書いて、途中で叶わなくなった。
それを見て最高が奮起。
叔父さんが出来なかったことを全て叶えるってでっかく出たな。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック