バクマン。3  第17話 「ゾンビと悪魔」

あらすじ
『+NATURAL』の順位不調に落ち込む岩瀬。秋人や蒼樹に相談しようとするも叶わず、ついにもうマンガ原作を書かないと言い出す。蒼樹からそのことを聞いた最高と秋人は、岩瀬の家へ駆けつけるが…?
一方、ジャック編集部は人事異動の噂で持ちきり。『必勝ジャック』に異動となった佐々木は、若い作家への挨拶にと、エイジと亜城木の職場を訪ねる。そこで明かされる、佐々木の想いとは。そして、最高と秋人、エイジの新作とは一体!?

レビュー
愛子原作の+NATURALも打ち切り間近か。
というか、ほぼ打ち切り?
エイジが作画をしてても話が面白くなければこんなもんか。
現実はこんなもんですよね。
最初のうちはエイジの作画で釣れるけど、話の展開のつまらなさは読者離れを引き起こすからな。
一度離れた読者を再び取り戻すって、なかなか難しい。
やっぱり+NATURALは打ち切り決定といってもいいんだろうな。

世に出た一番の漫画。
人によっては好きな作品とすごい作品は違う。
当たり前だよな。
どれだけ人がオススメって言っても、読む人によっては合う合わないが有るわけだし。
好きな作品は今連載中ってのが多いけど、すごい作品だと昔の作品になるのは管理人だけ?

愛子、もう書かないって(;´Д`)
港浦も担当としての言葉がどうでもよさげだったもんな。
なんというか、亜城木と組んでたときはもっと熱かったじゃん。
ギャグじゃないならそこまで熱血になる必要がないって事?
だとしたら編集者として最低なんだけど。

引きこもって返事もない。
これ、中で自殺しててもおかしくない。
だから最高が叫び続けたのも分からなくもない。
近所には迷惑すぎるけどな。

愛子が続けるにしても止めるにしても本人が決めること。
でも、編集部に筋は通すべき。
確かにな。
亜城木とケンカを売って結局負けた七峰ですらも、打ち切りまで描き続けたんだし。
仕事としてやってる限りはやるべきことをしてから辞めるべき。
まあ、それだけ追い詰められてたんだろうけど。

弱った姿を見せるのは最高でも嫌なのに、扉を開いたら皆居たって(;´Д`)
特に秋人がいたのはなー。
愛子にとって一番弱みを見せたくない相手なんじゃね?

編集長が変わる?
現在副編集長が編集長になれば、班長の誰かが副編集長。
そして、編集者の誰かが班長に。
出世ですな。

エイジが上京して8年は経ってるのか。
実家に居るときから漫画漬けだったけど、上京しても漫画漬け。
生きがいは漫画を描くことだよな。

編集長が異動になる前に挨拶。
亜城木たちに厳しく言ってたのは、最高の叔父が川口たろうだったから。
だからひいきに見て、厳しくしてたってまあ、それでスキルアップになったから結果オーライなんだろうな。
亜城木の方は亜城木の方で問題を起こしまくってたっていってるけど。

エイジが新作を描くなら、自分たちも新作を。
本当、ライバルってこういうことを言うんだろうな。
そしてダークヒーローを主人公にするってことと、基本設定だけは決定。

エグい話を書け。
そう言って秋人が描いてきた主人公はそうとうエグい。
秋人の考えって、どれだけエグい描写が詰まってるんだよ。

悪魔の力を持った悪の主人公と、悪魔の力を持った善の主人公のダブル主人公。
これで最後に勝つのが真の正義って、善が勝つのが少年漫画らしいってことになるんだろうな。
さすがに悪が勝ったら後味が悪すぎる。
これでエイジと勝負!
って、エイジも新作なんだし、そんなにうまくいかないのが目に見える。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック