バクマン。3  第7話 「記念撮影と教室」

あらすじ
『PCP』連載50回記念で、表彰式に出席する亜城木夢叶。最高と秋人は、二人で亜城木夢叶だからと、二人一緒の記念写真を撮る。
スーパーリーダーズラブフェスタの結果を受け、蒼樹とのお茶会を条件に新連載を狙うことに同意した平丸。
しかし吉田の策略を疑う平丸は、思わぬ行動に出る!?
『PCP』に集中することを決めた最高と秋人。そんな折、月例賞の審査員を任される。そこで二人が目にした「とんでもない」作品とは一体!?

レビュー
連載50回で表彰されるんだ。
これ、100回、150回って毎回やるのかな?
それだけ長く続けられる栄誉ってことで。

次の話の構想だけは出来てる。
構想だけはな。
具体性の無い話を格好つけて語られても(;´Д`)

平丸と蒼樹のデート。
編集者交えてのお茶会のはずが、二人っきりデートにこぎつけた。
平丸やるな。
マンションも、車も吉田氏に騙されたとはいえ自分のお金で買ったんだよな。
どれだけ稼いでるんだ?
なのに、まだ稼がせてる吉田氏、鬼畜すぎる。

吉田氏、平丸の車にGPSつけてるのかよ。
確かに逃亡癖があるけど、プライバシーも何もないな。
外車で高そうな車を10万であっさり手放し、吉田を撒こうとかさすがに今回の平丸は一味違うわ。

蒼樹も恋愛したこと無いんですか。
チョロいんですが。
なんかたいした事をしなくても落ちそう。
そんな蒼樹に嫌われる中井、有る意味貴重だwww

吉田氏の説得がwww
もう必死すぎ。
そして当初の目標の告白まで。
これでOKって、本気で蒼樹嬢チョロすぎるだろ。
気の迷いじゃないのか?
まあ、ここで断れば平丸が廃人とかすんだけどさ。

トレジャー応募作品に、服部が連載に持ってく事の出来る作品がある。
当時の亜城木、いや、それ以上ってむちゃくちゃ高評価だよな。
しかも18歳。
でも、評価をする作家の前で先入観を持たせるのはあんまり良くない気がするけどどうなんだろう。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック