バクマン。3  第5話 「ステップとウォッチ」

あらすじ
白鳥の『恋太&ピース』の原作を持ちかけられる秋人。最高は、戸惑いながらもOKする。喜ぶ白鳥だが、最高と秋人の心境は複雑だった。
次の作品を考えたい最高だが、秋人が『恋太』を引きうけたことで話を切り出せない。原作者として成長する秋人を見た最高は、とある決心をする!
白鳥は本格的に連載を目指すが、母親の強い反対を受け家出する。公園で寝泊まりしながらも夢を追う白鳥。しかし、白鳥の家族が亜城木の仕事場に乗り込んできて…!? 予告動画

レビュー
秋人が白鳥の原作をやったら、最高が考えてるアニメ化できる作品をもう一つってのは絶望的。

原作秋人でやったら、相田班長に怒られたwww
確かに、連載作家が賞にだして問題になってたからな。
原作とはいえ、連載作家だからな。
同じことになるのが目に見えてる。
そう言われながらも読んでみたら、面白い。
本誌に掲載決定って(;´Д`)
まあ、編集なんて面白ければなんでもいいからな。
これで白鳥の連載が決まれば新しい作品は絶望的。
どうなる。

エイジ、どんだけ亜城木ファンなんだよ。
原作を秋人と見破ったし。
熱心どころか熱烈なファンすぎだろ。

白鳥、自分の意思が弱いというかなんというか。
元々漫画家を目指してなかったとはいえ、チャンスが巡ってきたのになんか色々いい訳を言い始めた。
さすがにこれには最高が切れた。
確かに、連載を勝ち取るってのは困難なことでそのチャンスがあるのに迷う。
連載を勝ち取るために頑張って、最後には死んだ叔父さんを見てるから余計とだろ。
結局強引に秋人が決めた。
これで2作品は絶望的か。

秋人が決めたことで、最高も決めた。
早く作画できるようになって、自分ひとりでももう一作品描ける様にする。
片方は原作があるけど、2作品はやっぱりきついよな。
エイジだけが特別。

白鳥、父親の家を継ぐか、海外に留学の二択。
漫画家になるってのは選択にないよね。
分かってたけど。
掲載されたことで、漫画家になる決心。
いい訳しててたのが嘘みたいだ。

立派な漫画描きよりも売れない画家の方がいい。
それって、ずっと自立できない生活になるんじゃね?
どれだけ頭が固いというよりも、古い考え方をしてるんだ?

人美ねーちゃん、いいタイミングで口を出すな。
そしてスラダン読んでたのね。
かっけーすよ。

平丸、打ち切りキタ━(゚∀゚)━!ー
そして、吉田氏の口車に乗って、また漫画を描くことに。
こうしてずっと描かされるのが目に見える。
平丸もこんなに扱いやすいと吉田氏も楽だよな。

人気作家読切祭り。
これに連載が終了した平丸と蒼樹、新井とエイジ。
エイジ、2作品描いてるのに読みきりもやるのか。
編集部でも理事なら出来るって、やっぱりエイジは特別なんだろうな。
エイジもやるなら、自分達もエントリーする。
たとえ秋人が原作を書けなくても一人でやる。
これがチャンスなんだろうな。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック