バクマン。3  第4話 「余裕と落とし穴」

あらすじ
『PCP』は4位を獲得し、『+NATURAL』を抜いて、3位の『CROW』とも僅差!打ち切り回避にホッとする最高と秋人。片や、負けた岩瀬は悔しさをにじませる。
そして『PCP』ドラマCD化が決定!最高は、ヒロイン役声優に亜豆の名を指名する。ノベライズ化も決まり、絶好調の亜城木夢叶だったが、服部からの一言に衝撃を受ける!?
一方、周囲に影響され作品を書き始める白鳥。作品のアイデアに惹かれ、熱心にアドバイスする秋人だが…?

レビュー
3位のCROWには2票届かなかったけど、+NATURALには勝った。
これ、愛子が悔しがってる姿が目に浮かぶんだけど。
編集長も打ち切り回避を認めたし、これでひとまず連載は安泰か。

港浦の前では強気な態度だったのに、居なくなったら涙を流す。
プライドの高い愛子らしいわ。

服部が持ってきたいい話はドラマCD。
それだけ人気が出てきたって証拠。
アニメ化まで後一歩。
作者の希望は、ヒロインの声を美保に。
だよな。
ドラマCDから変更することもあるけど、そのままアニメでも起用することもある。
だとすれば美保を使う一択だろ。

ドラマCDの脚本は原作者じゃないんだな。
だけど、クオリティがいまいち。
結局秋人がやるのか。
時間に余裕があるしってトリックも溢れてる感じだな。

ドラマCDからノベライズ。
アニメ化はまだか。

服部からの通達。
PCPはアニメになる可能性が低い。
アニメはスポンサーありきだけど、そのスポンサーがつく可能性が低いから。
子供ができるリアルな設定にしたことが足枷に。
確かに小さいとはいえ犯罪と呼ばれることを促すような作品はうるさい団体がいるからな。

人気を取ることを考えて、アニメ化まで考えてなかった。
確かに、服部は連載できることを前提にして打ち合わせをしてたのに、亜城木の方は打ち切りにならないでさらにアニメ化する作品をと思ってた。
最初からアニメ化の話もしてたら、何か変わってたのかな?

PCPがアニメ化できなかった、だとすればもう一つアニメ化できる作品を作ればいい。
エイジが一人で2作品作ってるなら、自分達にも出来るはず。
エイジは特別枠だからな。
無理してまた倒れなきゃいいけど。

森屋が自信満々で出した作品が駄目だし。
白鳥が秋人にアドバイスを貰って出した作品は面白い。
森屋も芸術がとかプライドを高くしてないで、誰かに相談すればよかったのに。
それが秋人じゃなくてもいいから、第三者に。

白鳥の作品、秋人の力が大きすぎるって、どれだけ改変してるんだよ。
原作で秋人の名前を出さなきゃならないくらいって、ほとんど別物クラスじゃね?
設定だけ使ったくらい?

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック