バクマン。3 第3話「ラストと暗号」

あらすじ
『PCP』が巻頭カラーを飾るも『CROW』と『+NATURAL』のコラボには勝てず、順位は伸び悩む。打ち切りの可能性に落ち込む最高と秋人だが、服部はアンケートに3位票が多いことに、逆転の可能性を発見する!
「シリーズもの」と「ライバル」で逆転を狙う亜城木夢叶。最高と服部の評価はよいものの、自分の原作に納得がいかない秋人。そんな折、岩瀬と出くわした秋人は何を話す…!?
そして、亜城木夢叶が描いた『PCP』のラストシーンとは!!

レビュー
せっかくの巻頭カラーも+NATURALには勝てず。
人気作とのコラボだからな。

なかなか順位が上がらないPCPの打開策。
作画も直した今、何があるんだ?
1位、2位票が多いCROWと+NATURAL。
3位が多いPCP。
鍵は見えてない4位票。
4位にしてる人の票をうまく入れることが出来れば票は上がる。
問題はどうするか。

台詞が多くても話が面白ければ順位は上がる。
そして話数を使ったシリーズ物は完結編で一気に順位が上がる。
そこから出した答えは、編集長が決めた24話で完結を持っていくシリーズ物。
今まで1話完結でやってきた分、シリーズにして勝負は一回。
相変わらず博打な考え方だな。
結局服部も熱意に負けて受け入れた。
まあここで駄目って言い張っても服部が納得するまでずっと説得してそうだもんな。

秋人が考えついたストーリーは、PCPに敵対するキャラを作ってそいつとの対決がラスト。
今までライバルキャラが居なかったのかというくらいなんだけど。
ライバルと使う暗号も出来た。
だけど、明知のポジションに何か不満がある秋人。

結婚してるのに、愛子を口説いてるとしか思えない。
秋人、無意識にやってるんだよな。
そして愛子も揺らいでるし。
チョロい子だ。

それはさておき、愛子にライバル宣言したことで思いついたのはPCPと明知は認め合ったライバルにしよう!
って、明知を使い捨てキャラにするつもりだったの?
それは余りにもだと思うぞ。
一度ライバルを作ったら、コロコロとライバルを変えるものじゃないだろ。
その辺をすぐに思いつかないところが、エイジとの違いなんだろうな。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック