境界線上のホライゾンⅡ 第12話 「居場所の刃傷持ち」

あらすじ
武蔵と三征西班牙による第二次アルマダ海戦は、一進一退の攻防が続いていた。武蔵各艦の甲板上で二代VS誾、ノリキVSバルデス兄妹、シロジロVS隆包、直政VS房栄の戦闘が繰り広げられる一方、終わりの見えない戦いに、極東兵は疲弊し始めていた。戦う意味を見失いかけた彼らだったが、トーリの言葉に奮起し、アデーレの号令とともに再び攻勢をかける。そして、戦闘が一つ、また一つと終結していき――

レビュー
ヤバイ、ドヤ顔でトンでも発言をいい続ける二代www
誾は前回の終わりで気絶するかと思ったけど、何とか意識を保ってられたんだな。
しかし、誤解を何とかしないと本気で宗茂の命の危険がwww

そしてアルマダ海戦は終わり間近で盛り上がってきました!
それぞれの場所で起きる戦い。
各々に見せ場があるのがいいな。

それにしてもノリキの出番っていつも少なく無い?
気のせいだろうか?

浅間が射ったのは矢ではなく砲弾?
それに入ってたのは、ケンジとネンジ。
インキュバスのケンジまさかモブ兵の精気を吸った?
確かに浅間はとんでもないことに手を貸したな。

トーリって好かれてるのか嫌われてるのかどっちだ?
一応は支持を得てるんだろうけど。
慰問はいらないけど、信じられるとやる気が出る。
例の術式でも使ったのか?

英国が出てきた。
今までは武蔵だけで傍観してたのに。

復権を望んでただけなのに、ガチ勝負になってる。
誾にとっては認められないことを言ってしまったからしょうがないのか。

誾、腕を切り落とされたんじゃなかったの?
腕の下に腕が。
誰か、説明を!
そして宗茂と戦ったときと同じ技を出す羽目にってことは、誾にとっての必殺技ってことでいいのか?

チャーハンよこせって言ってるのに、カレー。
そして最後はカレーをチャーハンと言い切るし、そういえばハッサンって戦ってる描写がないな。
正純と同じで戦闘力はないのか?
銀二と同じく食事担当っぽいし。
戦闘になると出番がないな。

白虎と朱雀の戦い。
地摺朱雀って直政の妹が動力になってるの。
それぞれの過去にまだまだ重い話が色々と話がありそうだな。

地摺朱雀から空?
これが地摺朱雀の能力なの?
今まではその力を使うことが無かったけど、直政の妹の危険に地摺朱雀が答えたと?
朱雀だから空か。
青竜は水だろうけど、玄武はなんだろう。
地かと思ったら、それは白虎だしな。
いつか出てくるのかな?

二代とのバトル、誾さんピンチ。
ちっこい方の腕も義腕なんだ。
同じように腕を切られて、二代と宗茂が同格になるくらいなら自分から負けを認めると?

私「の」ではなく私「が」負けです。
あくまで負けたのは私だけ。
しかも自らで宗茂は関係ないってスタンスでいいのかな?

二代と誾の戦いも終わって、あとはセグントを撤退させるだけ。
さすがにここからまた次の手はないよね。
時間切れも迫ってることだし。

迷走中の感想日記TOPへ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック