境界線上のホライゾンⅡ 第11話 「花畑の合格者」

あらすじ
ついに倫敦塔へとたどり着いた点蔵の前に、"傷有り"に変装したエリザベスが現れるが、点蔵はすぐにそれが偽物だと見破る。それを見たエリザベスは、メアリに処刑執行まで5分間の猶予を与えるが……。 一方、アルマダ海戦は、ピンチに追い込まれた武蔵が個別操艦という奇策で形勢逆転、三征西班牙の敗北宣言により終結しようとしていた。しかし、沈みゆく船と運命を共にしようとしたセグンドを、フアナが再び戦場へと引き戻す。再開されたアルマダ海戦の行方は――?

レビュー
さすがにこの界で点蔵は大活躍するのか?
というか、ここで活躍しなきゃ地味にそんざいが忘れ去られそうwww

相変わらず賢姉が無双過ぎる。
この人に負けるって言葉あるのか?
そして前の相対戦ではろくに戦えなかったナルゼが大活躍!
ナルゼもネシンバラみたいに何かを書くことで魔法みたいなものを使えるのか。
外装武装が無くても戦えてるじゃん。
しかも死んでもいいとか言う覚悟じゃないのもいいわ。

盛り上がってきたと思ったら、介入が入ったってことで途中終了。
ダッドリーも倒すことが目的じゃなく、足止めが目的だからここで終わってもいいんだ。

そして問題の点蔵。
ウォルター戦からは回避してロンドン塔にたどり着いたけど、もう処刑間近?

……点蔵(;´Д`)
シリアスな雰囲気が金髪巨乳でだいなしwww
確かに正純のマウスの情操教育に悪いわ。

噛んだwww
大事な場面で点蔵が噛みおったわ。
さすが、主人公になりきれない男だな。

その後の点蔵はかっけーけどな。
トーリと同じように後は突っ走るだけだな。

はい?ちゅう?
メアリはキスをしてくれなかったから振られたと思い、点蔵は傷跡を消されたから振られたと思い。
すれ違っただけかよ!

極東ではキスは結婚の誓い。
それはいいけど、結婚相手の試験を胸のサイズで決めるなよ。
そんなに金髪巨乳が好きか。
そして肝心な言葉にやっぱり噛む点蔵。
格好悪い(;´Д`)
思いは伝わったからいいけどさ。

実況で一番浅間が酷いことを言ってる件。
今、人生の絶頂だから後は落下していくだけって:(;゙゚'ω゚'):
さらっと酷いわ。
確かに人生が終わる瞬間かもしれないけどさ。

エクスカリバーコールブランド?
折れたエクスカリバーは地脈にあったから行方不明になってたと。

いいタイミングで正純が来たな。
一番丸く収まるタイミングだわ。
メアリが武蔵に亡命させエリザベスの地位はそのまま。
死で英国を護るよりも、命を繋げることで英国を護れ。
しかも、歴史再現に偽りも無い。
全てが綺麗に収まったな。

アルマダ海戦も終わりが見えた。
後はセグントが死ぬ運命だけ?

フアナがようやく来ましたよ。
このまま悲劇に終わるのかと思ったわ。
やっぱりハッピーデスで終わって欲しいからな。

誾のタイミングっていつもいいのか、悪いのか。
なんでこうセグントが微妙な立場にされるような時に来るかな。
しかも、分かりましたみたいに受け入れたら余計とセグントの立場が。

アルマダ海戦、まだ終わってない!
といっても、相対戦は終わってメアリ奪還。
総力で三征西班牙を撤退させれば終了。
指揮官はアデーレからネシンバラに交代するのかな?

撤退させるだけじゃなく、サン・マルティンを撃沈しなきゃ駄目なのか。
やられたから、やり返しておかないと他国に舐められるってことか。
ちょっと難易度が上がったな。
といっても、指揮官がネシンバラだと何とかなりそうな気がしてくる。
アデーレはアデーレで頑張ってたけどね。

ネシンバラに交代かと思ったら、アデーレが指揮を続行なのね。
この戦いはアデーレが指揮。
交代は認めないってことか。
まあ建前とはいえ傭兵の契約を破ったからしょうがないか。

飛行部隊、地上部隊の活躍キタ――(゚∀゚)――!!
そして自動人形たちも。
やっぱり武蔵には自動人形が必須だな。
感情を出すことなく淡々と仕事をこなしてくれる姿が惚れるわww

これはサン・マルティンがどこにいるかの読み勝負?
2機のサン・マルティンと思ったら、もう一機。
全部でステルス機は3機?
鈴だけは音で分かってたのか。

あれ?二代と誾が戦うの?
どうやら宗茂の復権するために来たのか。

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
ちょ、ここであの間違えて覚えた言葉を言うのか。
誤解を解かないと宗茂の命の危険がwww
正純の罪は重いぞ。
……まあ、元をただせばナルゼが悪いんだけど。

迷走中の感想日記TOPへ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック