迷走中の感想日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 境界線上のホライゾンU 第6話 「広場の男女」

<<   作成日時 : 2013/01/15 03:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あらすじ
梅組と「女王の盾符」による相対戦が続く中、点蔵は傷有りとともに倫敦塔へ。案内されたヘンリー八世の書斎には、神隠しの証である「二境紋」が残されていて――。一方、同人会場では、ネシンバラのもとにシェイクスピアが現れ、二人の過去の因縁が明らかになる。そして、トーリとホライゾンは倫敦市内の広場でデートをしながら、武蔵の今後の方針を定めようとしていた。

レビュー
まだ続くよ、相対戦。

そして点蔵と傷ありさんはロンドン塔へ。
今は歴史をなぞってるけど、なぞれない部分もある。
それをうまくごまかしたみたいだけど、その後の歴史が変わってしまうんじゃないの?
それとも誤差の範囲内なのかな。

傷ありさんがなんか色々と言ってるけど、尻が気になるです。
というか尻ですよ。
で、その傷ありさんが見せたかったのは例の公主隠しの紋様。
ヘンリー8世もいなくなってたのか。
で、英国も色々と探ってると。

喜美により愚弟のためのデートマニュアルwww
役に立つのか多々無いのか微妙なことが書いてあるけど、いい姉ちゃんじゃん。

正純、ミトツダイラ、そしてナルゼ。
この三人が勝たなければならないのか。

ミトツダイラ、強いんだけど、相手もかなり強いみたいだな。
そして正純。
今までろくに戦ってる姿を見てないからな。
勝てるヴィジョンが見えないわ。
ナルゼってやっぱりァが負けたらまずいんだよね。
となると、このうちの誰か一人でも負けたら駄目だと言う武蔵の方がハードルが高いな。

ネシンバラは結界に捉えられてないけど、シェイクスピアの精神攻撃を食らってますwww
作家になるって言ってたネシンバラがまともに本を書かなくなったことに怒ってるのか?
孤児院にいたときに言っていた、3人で小説家になると言う夢。
ネシンバラとシェイクスピア、そしてもう一人は死んだ。
どっちがって、シェイクスピアはシェイクスピアじゃないの?
死んだ子と入れ替わってるとか?

心配していたナルゼは浅間たちが回収。
ああ、それでもいいんだ。
そして正純も。
もうちょっと遅かったら結構危険だったんじゃね?

最後の一人、ミトツダイラ。
負けはして無いけど、勝っても無いよね。
これってどういうことになるのかな。
とりあえず浅間たちが回収できればいいんだけど。

トーリとホライゾンのデート。
感情はいらないと言うホライゾンと、ホライゾンがなんと言おうとホライゾンの感情を全て取り戻すというトーリ。
例え世界を敵に回しても自分の目的を実行する。
それでホライゾンがトーリを嫌ったとしても、始まりに戻るだけってものすごい前向きだよな。

アデーレが用意したの、すごい丈夫だな。
未だに開けられないなんて。
でも、さすがに次に用意されたのはやばいのか?
アデーレが行動に移した。
とりあえず逃げるのね。
まあ、あの形状からして移動はできると思ってたけどね。

あれ?
傷ありさんが二人。
??
傷ありさんが処刑される予定のメアリさん。
となるともう一人は?
なんかシスターって聴こえたんだけど。
姉妹?
傷ありさんの表情からすると友好関係には見えないけど、大丈夫かね。

迷走中の感想日記TOPへ


境界線上のホライゾン1〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
川上 稔


Amazonアソシエイト by 境界線上のホライゾン1〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
境界線上のホライゾンU 第6話 「広場の男女」 迷走中の感想日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる