境界線上のホライゾンⅡ 第5話 「猟場の人道主義者」

あらすじ
シェイクスピアの劇場術式により、正純、ナイト、ナルゼ、ミトツダイラ、そしてウルキアガが結界に閉じ込められ、「女王の盾符」との相対戦がはじまった。英国の目的は、武蔵勢を倒すことによるトーリへの相対権限の獲得。さらに結界の外でも、二代や鈴&アデーレらに英国からの刺客が迫る。結界により劇場空間から逃れた浅間と喜美は、全員のフォローに回ることを決意する。果たして戦いの行方は・・・?

レビュー
やっぱり武蔵と英国が戦うんだ。
役職者の誰か一人でも抑えれば武蔵が止められる。
総長も巻き込めば相対する権限を得られる。
英国側は準備万端だったけど、武蔵側はそういうわけではない。
となると、不利なのは武蔵側だよな。

鈴とアデーレは安全圏で救援を待つのか。
部屋よりも狭いとはいえ、それなりのところでお菓子もある快適環境。
楽でいいな。
それにしても、英国の従士が。
鼻を膨らませて逃げられてりゃ世話無いわ。

浅間と喜美はミトツダイラと離されて、全てを見るものの位置っぽいな。
解説者っぽくなるのか?

鈴とアデーレ、二代は閉じ込められてはいないけど、通信途絶。
結界の中よりはましくらい?
結界に関係なく二代はバトル中みたいだけど。

チームじゃなく個々での戦い。
正純と武装が無いナルゼが危険なんじゃね?

正純、相手は骸骨なんだ。
よく分からんことで襲われてるんだけど、これ一人で対処できるの?

ウルキアガは……判子持った少年?
判子がハンマー型ってことはアレが武器か。
強いのかね。
ウルキアガなら何とかしそう。

ナイトとナルゼも引き離されたんだ。
ナイトの相手はスイマー?
強そうに見えないwww

ナルゼの相手は狼。
いきなり戦闘になってないところを見ると、話で何とかなる相手か?
しかし、この狼、妻を食べてるの?
自傷癖でもあるのか、不思議な夫婦。
ヤルかヤラれるかの関係みたいだな。

そして話だけで終わるかと思ったら、やっぱりバトル。
ナルゼ、武器も無いのに大丈夫かな。
相手、どう見ても力でねじ伏せそうなタイプだし。

仲間が戦ってる中、トーリは相変わらずデート。
ああ、点蔵もだな。

ウルキアガ、なんで相手に姉弟の関係を聞いたんだ?
って、電気あんまwww
性別が無いから聞いてない。
銀二が正気に戻ったら結界が壊れた。
え?結界が壊れたら終わりなの?
大事にしたく無いってことかな?

ナイトは見事に勝ちましたな。
あっという間の描写だったけど、原作では長いんだろうな。
出番が少なくて残念。
そして問題の一人、ナルゼ。
何かが起きたんだけど、何したんだ?
ドーピングの術みたいなのを使ったってことでいいのかな?
で、力が溢れすぎててキャパオーバーと。
のはずなのに全く弱くなって無いよ。
これはナルゼ、やばくない?

やっぱり勝ち目がない!ってところに誾が乱入。
え?誾も同じ結界にいたの?
そしてナルゼに手を貸してくれるんだ。
傍観者にでもなるのかと思ったわ。

二代とウオルターの勝負はどうなったんだ?
勝敗も決まらずにウオルターがどっかいっちゃったんだけど。
一時休戦?

相変わらず英国の従士がwww
こいつら何やってるんだよ。

結界に閉じ込められた人、一人でも負ければトーリとの相対戦が出来る。
責任重大だな。
で、これが問題になっても英国側は祭りの余興でしたで済まされるし。
武蔵側が色々と不利すぎだろ。

迷走中の感想日記TOPへ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック