境界線上のホライゾンⅡ 第3話 「土上の下り者」

あらすじ
武蔵の外交艦がようやく英国の第四階層へと入り、離れ離れになっていた三年梅組の面々は久しぶりの再会を喜び合う。一方、点蔵は墓所のある丘で"傷有り"と再会。墓所の移設作業を手伝ううちに、ひょんなことから"傷有り"の素顔を見てしまい――。その頃、トーリや正純たちの元には、英国のベン・ジョンソン、チャールズ・ハワードらが訪れていた。颯爽と現れたと思いきや、いきなり土下座するハワード。彼の狙いは果たして――?

レビュー
ようやく別の艦に乗ってたトーリ早速ホライゾンのところか。
なのにホライゾン、冷たいッすねwww
股間に一撃は置いておいて、いい加減トーリは服を着るべきだな。
梅組の面々は慣れてるからいいけど、英国とか困るって。

誾の両腕を切り落として、代わりに日常をくれたのは宗茂。
だから一緒にいたいってこと?
さっぱりですよ。
誾の腕が呪いかなんかにかけられてて、それが日常を阻害してたってこと?
まあ、本人が宗茂のことを慕ってるから別にいいけどさ。

点蔵、いいやつだよな。
本当、なんで恋人いない暦が年齢なんだ?
今も回りにいっぱい女の子がいるのに、点蔵に好意を持ってるやつは皆無だし。

傷ありさん、金髪巨乳なんだね。
そしてまた巨乳がまた一人。
声が変わったのはなんでだろう。
フードを被ってるときだけ声が変わるような何かをしてた?

トランプの2、9、7が出てきた。
それはいいけど、なんで土下座。
それは見事な土下座らしい。
会計が出てきて英国を救って欲しいとなると、金銭関係以外ありえない。
資金がないの?

チャットで今の情報を流してるのか。
シロさんの交渉をハイディが解説。
他の仲間の意見も聞けるし、便利だな。

チャールズが商談を終わらせようとしたら、シロジロが動いた。
攻撃するかと思ったら、土下座www
しかもトリプルアクセル土下座で手土産つき。
高度な土下座らしい。

いったん譲歩してもらっておいてて、最初の条件を受け入れる。
高度な商談だな。

大使は鈴ですか。
はっきり物を言える適任は鈴。
引っ込み思案なタイプっぽかったけど、そういうタイプか。

最終的な落としどころは13日。
武蔵側の最大の攻防者を英国に預けることで了承。
長い交渉だったな。
なんというか、派手な攻防は無かったけど、水面下での戦いだったな。
最後のシロジロの笑顔を見る限り、納得がいくところに持っていけたみたい。
さすがだな。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック