境界線上のホライゾンⅡ 第2話 「舞台上の宣告者」

あらすじ
英国の「女王の盾符」に急襲された武蔵は、英国の周回軌道に入ることでこれを退けることに成功。しかし、続いて正体不明のステルス艦による砲撃を受け、やむなくホライゾンらを乗せた輸送艦を切り離すことに。輸送艦はなんとか英国第四階層の海岸部へと着陸するが、武蔵には英国からの着港許可が下りず、トーリとホライゾンは離れ離れになってしまう。英国により輸送艦との通神も遮断。そして、2週間の時が過ぎて……。

レビュー
シェイクスピアの方は、文章の人物を実体化することができるのか。
言葉で攻撃するネシンバラとどちらの文章が勝つのかね。
それにしても、命無きマクベスと言葉での攻防。

しゃべるだけのシェイクスピアと文字を打たなければならないネシンバラ。
接近されたらあっという間に勝負が付きそうだな。

あれ?
シェイクスピアとネシンバラって知り合いなんだ。
ネシンバラの方は覚えてないみたいだけど、そのときにシェイクスピアは傷つけられたみたいだな。
恨みを持ってたのに、相手はまったく覚えて無いってことか?

相変わらずトーリは全裸のままwww
艦の動きに振られて、二代の蜻蛉切に切られて吹っ飛ばされて。
本当に主人公か?www

点蔵が助けた子は誰なんだ?
重要そうな子だったけどまた出てくるのかな?

別の艦にいるトーリたちと、武蔵にいる正純たちという感じでいいんだよね。
しかも英国側の制限で連絡を取ることが出来ない。
武蔵側はたくましく生きてますな。
むしろトーリの方がホライゾン成分が足りなくて騒いでそうwww

ホライゾン、前回の嫌気のせいでまだ寝込んでるんだ。
理由は分からない。
やっぱりホライゾンが人と違うから?
それとも大罪武装で攻撃されたから?

2ちゃんみたいなところでネシンバラが叩かれてる。
松葉杖を付いてるのも自演とか言われてるし。
勝てなきゃ叩かれる。
負傷しても勝て!
でも常に勝ち続けるのって難しくないか?
だからこそ次は勝てってことなんだろうけど。

前回ナルゼが浮かない顔をしてたのは、武装無い状態でも活躍できることをナイトに見せようとしたのにそれがかなわなかったから。
うーん、これまた難しい悩みだ。
ネシンバラみたいに次何とかすればって言いたいけど、武装が無いから前線で活躍するのは難しいだろうし。
まじめな分深刻だな。
トーリみたいに生きられれば楽なのに。

眼鏡のおっさん、宗茂たちのいる三征西班牙のトップでいいんだよね。
なんかさえないおっさんだけど、実は能力が高いのか?

そんなセグント。
戦争に迷いががる。
心のよりどころは昔助けることが出来た長寿族の子。
その子を護るために戦うってのは、戦う理由にはなるだろ。
ただ、恐れてるように勝てるかどうかは別の話だけど。

迷走中の感想日記TOPへ


境界線上のホライゾンII (Horizon in the Middle of Nowhere II) 1 (初回限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2012-09-21


Amazonアソシエイト by 境界線上のホライゾンII (Horizon in the Middle of Nowhere II) 1 (初回限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック