境界線上のホライゾンⅡ 第1話 「朱の場の部員達」

あらすじ
三河争乱を経て出航した航空都市艦・武蔵は、英国をめざす航海の途上にあった。目的は、英国に武蔵への協力を取りつけること。しかし、後に控えているアルマダ海戦で英国と敵対することになる三征西班牙は、それを阻止するため武蔵を襲撃。陸上部や野球部員らによる波状攻撃、さらには聖譜顕装や重武神・道征白虎までも持ち出してくる三征西班牙に、武蔵は苦戦を強いられる。本多・正純が休戦を呼びかけるも攻撃の手は一向に緩まず、ついには副会長フアナが大罪武装「嫌気の怠惰」の超過駆動を発動させる。もはや打つ手なしかと思われたその時、現れたのは"リアル派"――!?

レビュー
あれ?
1話目見忘れた?
いきなりトーリが全裸でいるところを、重力航行の警報が出てる。

何が起きたか分からないままになんかバトルが起きてるんだけど。
学校対抗?でもなさそう。
重力航行に邪魔な連中を排除でもしてるのかな?
しかし、ガンガン動きますな。
OPも動いてたけど。
気合の入った1話目だ。

知らないって罪ですな。
そして改まって説明するとちょっと照れるよな。
お茶濁しで適当にごまかしたけど、変なところで東が使わなければいいけど。

寒い、寒すぎる(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル
正純のギャグが滑りすぎてるってもんじゃないわ。
自分でも自覚があるんだろうけど。

大罪武装、嫌気の怠惰。
自分にとって悪だと思う箇所に嫌気がでるって、相変わらず大罪武装って変な武器だな。
ネイトも正純も胸に嫌気が?
正純は中途半端な性転換のせいだけど、ネイトも気にしてたのね。
正純、性転換をしなければ普通に胸があったんだよな。
まあ、つつましい胸だったかもしれないけど。
で、ホライゾンは全身と。
まあ、本当の自分の身体じゃないしな。

ピンチなところに出てくるのがトーリ。
それはいいけど、未だに全裸。
さすがにこれはビビるわな。
そして、スイッチを襲うとしてトーリの股間。
……突き飛ばしたフアナは悪くないよ。
全裸のトーリが悪いんだよ。
そしてその全裸男を人生初のお姫様抱っこ。
点蔵の心にも傷を負うし、トーリは周りを巻き込んでくな。

ホライゾンの擬似嫉妬がカワユス。
情報だけの嫉妬だからなのか2倍のかわゆさになっておりますwww

マルガが教えてもらった間違えた意味のセックスのせいで、案の定さっそく被害が。
東は仲直りの意味で使ってるけど、ミリアムは違う意味で取ってる。
で、部屋から追い出されると。
そのつもりは無くても、ミリアムからしたら貞操の危機ですからな。
東からすれば理不尽な行動だけどwww

股間にストレートパンチですか。
服を着ろって言ってるのにパンチをする理由がわからん。
誤差の範囲で済ませれないだろ。

英国領に入ってからもまた攻防。
ホライゾンを助けたときから決まってたんだけど、ここまで連戦って。

武蔵側は仲間の一体感というか信頼とコンビネーションがすごいな。
作戦も個々の能力を最大に生かした方向だし。

シェイクスピアもトゥーサンと同じ能力と見ていいのかな?
わざとシェイクスピアを名乗ってるなら作家しかありえないし。
同じ能力なら互角の戦いでライバルポジになるのかな?


迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック