銀河へキックオフ!! 第32話 「激闘の果て」

あらすじ
王者アマリージョに、これまでの戦術を全て見抜かれてしまい、なす術がない桃山プレデター。戦況を打開するため、翔が新しい戦術の「渦巻き」を試そうと提案するものの、アマリージョの鉄壁のガードを前に、チームは「渦巻き」を容易には出せずにいた。そこで凰壮は、アマリージョの要である景浦と一対一で対決して、自ら突破口を開こうと試みる。“アマリージョの皇帝”相手に、もがき苦しみ、倒れながらも、凰壮は、一心不乱に立ち向かっていく…

レビュー
前半の最後にアマリージョの意表をつく攻撃が出来たプレデター。
後半が始まったのになんで凰壮はあんなに汗をかいてるんだ?
怪我でもした?

アマリージョは2点を守るために、パスで時間稼ぎ。
といっても消極的な作戦はいつか均衡が崩れるんだよな。

翔の攻撃指示の先回り。
ってことは、翔の攻撃がワンパターンなんじゃない?
意表をつく攻撃が出来るなら、影浦に読まれない攻撃をするしかないんじゃね?

渦巻き。
それはいいけど、パスをする相手まで全く同じなのはまずいだろ。
直感的に空いてる選手にパスをまわさなきゃ意味が無い。
次は誰にパスしてたっけとか考えてる間にマークされるだろ。
渦巻きに限らず、空いた選手にパスを回す戦略で結果的に渦巻きになるって展開が理想なんじゃね?

アマリージョの要は影浦。
突破口は自分が開くって随分とでかいことを言い出したな。
凰壮が影浦と相手をして、こぼれ玉を玲華が拾う。
気が付くとそこに居る玲華に対し脅威を感じてきて無いか?
確かに、ボールがこぼれればいつでもそこに居るってのは気にせずにプレイしろってのが難しいだろ。

焦ってついに手を出しちゃった。
やっちまいましたなwww
影浦にしか分からない恐怖感か?

PKを青砥に譲った?
凰壮が勝ちにこだわるから、虎太も勝つために青砥に譲ったと。
少しは成長してるんだな。

本気でやることが無かったサッカー。
それで今回やっと本気になった。
本気になったのはいいけど、あんだけ汗かいて極端すぎるだろ(;´Д`)

翔の指示なしでみんなが動き始めた。
ここでブラインドサッカーが役に立つのか。
いや8人でやってきたからこそ仲間の動きが見えるってのもあるか。

今回の渦巻きはいちいち相手を考えることなく動き始めた。
そりゃ毎回パスを出す相手を確認してたら破られるのは当たり前だからな。
それにしても、さりげなく青砥もパスを回してるのにびっくりした。
ボールを持ったらゴールを決めるだけとか言ってた青砥がパス?
ゴールよりも勝利を優先したと見ていいの?

再び回ってきたチャンスなのに、ゴールを外すとか。
これ、玲華の出番を出すために外したとしか見えないわwww
シュートが入ったか入らなかったのか分からないまま次回なんだけど……。
次回予告で延長戦って言ってますね(;^ω^)

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのトラックバック