銀河へキックオフ!! 第29話 「チェンジ」

あらすじ
「未来カップ」関東大会決勝。対戦相手の根常(ねのとこ)ガッツは、全国大会は常連の強豪チーム。「ひたすら走って勝つ」という体力勝負なサッカーを選手たちに強いるコーチが率いていた。プレデターとはまるで指導方針が違っていたが、試合が始まると、相手チームの走りに引っ張られたプレデターのメンバーは次第に疲弊してしまう。状況打開のため、竜持は前後のポジションを入れ替える新しい戦術を提案するのだが…

レビュー
次が決勝戦んってことは、後一回勝てば全国大会?
全国大会には出れるけど、優勝は……ってことになりそう。

相手のチーム、監督の怒声が響くな。
それがこのチームなんだろうな。
選手自ら考えさせて、あまり言わない勝と対照的だな。

ボールを持ったら全員で攻撃。
スタミナが居るけど、それに合うように身体を作ってきてるんだろうな。

同じような選手ばっかに見えるのはみんな坊主頭だから?
それはさておき、やっぱり運動量がすごいな。
走ってばっか。
これで最後までもつの?
と思ったら、途中で選手が交代。
やっぱり1試合走り続けてるわけじゃないのね。

走るサッカーに特化して技術はいまいち。
でも、今は負けてる。
相手のチームにあわせて走り回ってスタミナ切れなのが一番痛いな。
玲華が珍しく意見。
ガッツにつられて走り回って自分たちのサッカーが出来てない。
だよな。
走り回るサッカーとして身体を作ってるチームに走り回って勝てるわけが無い。

結局竜持が考えてた作戦を実行することに。
相手だけを走らせるけど、自分たちも走ってるように見せなければならない。
相手を騙しながらスタミナ切れを狙って一気に逆転ってのもかなり危険度が高いし、小学生が思いつく戦略じゃないよな。

最終的な目標はポジションに囚われないトータルフットボール。
プロの選手がやったようなことをやろうとしてるの?
しかも練習なしでいきなり。
冒険者だな。

作戦は順調。
って思った矢先に相手チームが審判の目を盗んで反則。
反則して優勝してるチームって事?
スタミナをメインにしたチームはいいけど、反則はまずいわ。
竜持がやってたオウンゴール狙いは反則ぎりぎりだったけど、これは確実に反則。
これ、監督が教えたとしたら、これこそ小学生らしくないプレイだろ。

スタミナが切れてきたから反則をした。
今こそ作戦を実行するとき。
で、実行するのかよ。
ある程度基礎が出来てるとはいえ、いきなり実行して成功するのはやっぱり主人公補正があるからなんだろうな。

何はともあれ、ガッツには勝利して次は全国大会。
モチベが上がってきますな。

凰壮がやる気になるのはいいけど、全国大会に影浦は居ないんじゃないの?
影浦って8人サッカーはしてないよね。
??
それとも、全国大会で優勝すれば影浦を見う返せると思ったから?


迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック