銀河へキックオフ!! 第28話 「新生プレデター」

あらすじ
8人制のサッカー大会「未来カップ」がスタートした。玲華をディフェンスから中盤に上げる花島が決めた新しいポジションに、驚くプレデター一同だったが、チームは試行錯誤しながら順調に関東大会を勝ち進んでいく。そして、準決勝で8人制に慣れた石神井リバーズとの対戦で苦戦を強いられた翔が、状況を打開すべく玲華を中盤からフォワードに上げようと提案するが…

レビュー
みんなでブラインドサッカーをしてるのか。
まあ、ボールをイメージするのにいい練習だし、能力アップに効率もいいしみんなでやらないわけも無いな。

それはさておき、8人制のサッカー。
11人制と違うのはコートが若干狭く、ボールまわしが早くなることか。
となるとブラインドサッカーのイメージが一番効率がいいよな。
それにしても、3人抜けてメンバー探しをするかと思ったら、そのままでいくとは思わなかったな。
逆にタギーと青砥という強力なメンバーも入ってくれたし。
優勝するのも夢じゃないのかもな。

玲華、身体が軽くなって動きも良くなったけど技術面はいまいちのままだな。
まあ、そんなに早くみんなと同じレベルにはなれるわけ無いか。
今までよりも細かく動けるようになっただけでも上等だろ。

なんなく三連勝。
虎太と青砥の仲は相変わらず微妙なまま。
まあ、切磋琢磨するには仲良しこよしよりもいいんじゃね?

次の日の相手は8人制の試合に慣れたチーム。
フォーメーションも見たこと無いって、人数が少ない分早いパス回しでプレイするんじゃないの?
それにしても、勝はヒントになることは言わないんだな。
それだけ選手を信用して、選手の自由にさせようとしてるのか?
選手が成長するには、一番いい方法なんだけどね。

早いパス回しとプレス。
マークや戻りが早ければチャンスも多くなるし、人数が少なくてコートが小さいなりのプレイってのはこういうことか。

前半は1-2で相手のリード。
後半、どう攻めるかも選手に任せるのか。
選手というか、翔を信頼してるのか?

虎太を下げて玲華を上げる。
虎太はミドルからシュートを狙えって、どこからでもシュートがうてるということを見せ付けるつもりか?
玲華をあげたのは、虎太が外したこぼれ玉をシュートしてもらうため。
スタミナが一番残ってるのは、走り回るのが少なかったのとあのトレーニングのおかげか?

中盤からでもシュートってのはバスケで言うところの3Pシュートだよな。
中盤に居ても安心が出来ない。
後半は相手が消耗しそうだな。

この作品、恋愛はいらないって。
相変わらず青砥関連はエリカが別人だわwww
まあ、それも試合中だからどうでもいいことになるんだけどね。

自分たちのよさを見つけた作戦で勝てたのはいいけど、次の相手はなんだ?
なんかうるさいというかなんというか、翔みたいなやつらばっかのチームじゃないよね(;^ω^)

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック